いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

スキンケア指導

2017.02.24

こんばんは、院長の一宮です(^^)
今日はお昼休みスタッフミーティングを行いました。定期的に患者様向けの化粧品やスキンケアの知識確認、スキルアップ、またスタッフにとっても働きやすい職場環境を整えたいという主旨で今日は話し合いをしました。
スタッフの意見に耳を傾ける貴重な時間です。

さて、ほぼ毎日スキンケアのお話しばかりしていますが、また今日も(^^;
当院ではお顔の診察の場合、保険、美容に関わらず、必要な方、またご希望の方にはスキンケア指導を行っております。
自分にどんなスキンケアが合っているかわからない、やり方がわからない、こんな肌トラブルがあるがどれを使っていいかわからないなどなどお気軽にご相談ください。

普段のスキンケアを朝・夜に分けてお聞きし夜はクレンジング、洗顔、化粧水、乳液、クリームなど朝はそれにメイクの内容までお尋ねします。
ここが間違っていると治療が思うような効果が出ないことが多いからです。スキンケアって女性に毎日のこと、しかも朝・晩2回です。
尊敬する新潟の野本真由美先生が美容皮膚科医は患者さんの非日常=レーザーなどのクリニックでの施術だけでなく、日常のスキンケアに介入しないといけないのだと先日の女医会でおっしゃったことが印象に残っています。

スキンケアについてはお伝えしたい内容が多すぎるので少しづつブログで綴っていきたいと思います。

肌トラブルの方、まず、クレンジングをやめましょうと言います。ふつうのメイクしてるとやめられるわけないでしょ!ってなります。以前は私も使っていました、でも今は洗顔フォームだけです。クレンジングをやめるにはメイクを変えないといけません。洗顔だけで落ちるメイク、ミネラルファンデーションです。下地を使いたい方はノンケミカルつまり紫外線散乱剤の日焼け止めなら洗顔で落ちるものがほとんどですのでこれが下地変わりです。

カバー力あるの?きれにつくの?物足りないんじゃないの?ってはじめは皆さん半信半疑です。いくらお肌に良いと言われてもきれいにつかないとメイクの意味がありませんよね。今お使いのファンデによって満足度は個人差ありますが、思ったよりカバー力あるし、きれいにつくわ~、と言われる方が多いです。ご希望の方はパウダールームでミネラルファンデによるメイクをお試しいただけます。カラーもありアイメイクやチーク、リップもあります、眉もかけるしアイライナーもひけます。マスカラ以外のフルメイク可能です。もちろん、私もスタッフもミネラルファンデのユーザーです(^^)私はノブのUVミルクの日焼け止めとパウダーを混ぜて手で伸ばして使ってます、きれいにつきますよ~(^^♪

クレンジングをなぜ使ってほしくないかというと、クレンジングにはメイクを浮かせる油分と水と油をなじませる界面活性剤が入っていてこれが肌のうるおいに必要なセラミドを擦り落としてしまうからです。セラミドが減ると角質に水分が維持できなくなりうるおいがなくなります。うるおいがなくなると肌代謝、ターンオーバーがうまくいかなくなり、アトピーなどの皮膚炎、にきび、くすみ、シミ、肌荒れ、乾燥の原因になります。レーザー治療、にきび治療、アトピーの治療色んな治療をするのにはまずベースを整える=角質水分量をあげる、これが基本です。ここが整っていないと肌が治療に耐えられず乾燥したり、炎症起こしたりします。基礎が整ってこそ次のステップに行けるって何事もそうですよね・・。

そしてやはりここでも、”こすらないこと”が基本です。1日何十回こすらないでくださいって言ってるかなー。

スキンケア指導の見直しは、まずはクレンジング、ファンデーションあたりからがおススメです。化粧水・乳液などの基礎化粧についてのお話しは長くなりましたのでまた次回にしたいと思います。

おまけ

一宮家の食卓(^^♪
常備菜。

帰宅して10分でご飯食べられます(*^-^*)

明日は土曜日、がんばりましょう~!(^^)!