いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

花粉症皮膚炎

2017.02.28

こんにちは。ナースの吉井です(*^^*)
日中は暖かい日が多くなりましたね。春が近づいてきてるな~って感じでウキウキします。早く花見がしたい!
私は花より団子の方ですけど・・・(≧▽≦)

春といえば花粉の季節ですよね。花粉症で鼻水、鼻詰まり、くしゃみ、目の痒み・・・と辛いですよね(+_+)

本日は花粉症の時期に起こる肌の炎症についてです。

花粉の飛散量が多いこの時期は花粉が原因で身体がアレルギー反応を起こし痒みが生じ、そのため目を擦ったり鼻を一日中かんだりと常に肌は摩擦を与えられる状態となります。
気温の変化もありお肌も乾燥がちで知らず知らずのうちにかなりの負担がかかっています。
つまり皮膚のバリア機能が低下しやすくなるという事です。

最近お肌全体が痒かったり肌が乾燥して粉っぽかったり腫れぼったくなったり・・・
こんな症状がある方は花粉症皮膚炎かもしれません( ゚Д゚)

くしゃみや鼻水、鼻づまりが無くても花粉症の症状は肌に出ます。
ある研究所が女性100人に「花粉症の時期に肌荒れで悩んでいるか」というアンケートをとったところ9割の方が「YES」と答えたそうです。

・目や鼻の周りに痒みがある その部分の肌の色が変色している
・赤いニキビのような小さな発疹がある
・白く粉を吹いている
・マスクが肌に触れるとヒリヒリする

このような症状の方はどれもバリア機能が低下して起こる症状です。
お肌がデリケートになるとメイクのノリも悪くなるし気分も下がってしまいますよね(/ω\)

そんな時はいちみや皮フ科クリニックにお任せください(^_-)-☆

炎症を起こした肌の治療からスキンケア指導までトータルにお肌の悩みを解決いたします。
低刺激で効果抜群のローション代わりになるお薬や塗り薬、内服薬など症状に合ったお薬が処方されます。
ですが処方されたお薬を使用しても毎日のスキンケアが誤っていれば肌の回復は当然遅くなってしまいます。

花粉症皮膚炎はバリア機能が低下して肌の表面の膜が壊れてしまった状態。
今までOKだった基礎化粧品の成分もヒリヒリ刺激になることも・・・。
そんな時はお肌に触る回数を減らし刺激を与えないことが大切です!
こすりすぎないこと、さわりすぎないこと、落としすぎないこと
先生が口をすっぱくしていわれることですね。
是非この機会に基礎化粧品も見直してみましょう('◇')ゞ

また、スキンケア指導では正しい洗顔のやり方からご指導させていただき、敏感肌の方のためのお薬と併用して使用できる院内処方の保湿美容液や赤ちゃんでもご使用出来る日焼け止めクリーム、ミネラル100%のファンデーション等のご案内も行っております。
各種化粧品のサンプルやトライアルセットもご用意しております。

これら日焼け止めやファンデーションは洗顔料だけで落とすことが可能です。
分子の細かいリキッドファンデーションや紫外線吸収剤が入っているUV商品は毛穴の奥まで入り込み経皮吸収するため洗浄力の強いクレンジングでないと落とせません。しかしクレンジングには界面活性剤や防腐剤が配合されている物が多く、それら添加物によってお肌のセラミドを減らしてバリア機能はますます失なわれてしまいます。
また、クレンジングによる落とし過ぎや擦りすぎにより赤みや乾燥など、肌トラブルも起こしがちになってしまいます。

低刺激でカバー力があり肌に優しい成分のみで作られたミネラルファンデーションに変えることでリキッドファンデーションは必要なくなります。

つまりクレンジングは不要となりますのでお肌に触れる回数も減り、添加物の負担もなくなりますので敏感肌の方の改善につながります。

いちみや皮フ科クリニックでは病気を治すだけではなくその後のスキンケアまでしっかりとサポートし、患者様に綺麗になっていただきたいと心から願っております。

春は間近・・・🌸
当院オリジナルのセラミド美容液でバリア機能を高め
花粉症皮膚炎を一緒に乗り切っていきましょうね♡

カテゴリー|