いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

そばかす(雀卵斑)治療について

2017.03.07

こんばんは、院長の一宮です(^^)
だいぶ暖かくなって日が長くなりましたね。

きのうの月曜日はお昼休みもないくらい朝から夕方まで忙しい1日でした。美容の施術が入る時は時間帯によって平日でも待ち時間が長くなる時もあります。遠隔でスマホから診察の順番を確認できるシステムがあり外出できますのでご利用くださいね。
今日は朝からなぜか高校生が多いな~と思って聞いたら入試休みだったみたいですね。受験生のみなさんおつかれさまでした。
にきびの中学生や高校生の患者さんが多い当院、待ち時間に学校の勉強をしている学生さんも結構いて、感心してしまいます。待合室の窓際のカウンター席はカフェみたいに読書したり学生さんが待ち時間にお勉強したりしてくれたらいいなという思いで作りました。電源もテーブルの下にこっそりありますので良かったらご利用くださいね(^^♪

今日はそばかすのお話しを。
そばかす(=雀卵斑)は生まれつきの方が多く、だいたい小学生頃からあってご両親どちらかやご兄弟にもそばかすありますという方が多いです。その一方で、そばかすにしか見えないのだけど、大人になって出てきたというタイプの方もいます。そばかすメイクが流行った?時期もあったようですが年々増えるしやっぱりないほうがいいですよね・・。
共通するのは色白で乾燥気味のお肌質の方です。
小さいころからあるそばかすは遺伝性が強いので再発率が通常のしみよりも高いですが、レーザー後のメンテナンスやスキンケアできれいな状態で維持することができます。

出来ている範囲やサイズなど、またライフスタイルにより治療の選択肢はいくつかあります。範囲が狭い方、一度で思いっきりカサブタにしても大丈夫よっていう方はルビーレーザーで、そばかすの範囲が広い方、少しづつ肌質も改善していきたいという方、仕事があるからお化粧必須、ダウンタイムがあると困るという方はスペクトラというレーザーのルートロピールを5回~8回くらい2、3週おきに照射します。
肝斑が重なってある方は内服が必要となりますので当日おすすめしない場合もあります。

レーザーする時にやはりスキンケアを一緒に見直されている方は効果が違います。セラミドによる保湿は角質水分量をあげて肌代謝を正常にしますのでレーザーで砕かれたメラニン排出に効果的です。保湿をしてベースと整えてレーザーをする、当院オリジナルのセラミド保湿美容液を是非レーザーと合わせてお試しくださいね(^^♪

一宮家の食卓

BRUNOで蒸ししゃぶ(^^)
野菜切って肉のせて蓋するだけ、自家製ポン酢で。
平日、帰って10分で出来る簡単時短メニュー(^^♪