いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

にきび治療

2017.03.17

院長の一宮です(^^)
今日は昼からバタバタしておりまして予定していた講演会にも行けず"(-""-)"
まあ、こんな日もありますね・・。

けど、キレイになって笑顔の患者さんに今日も元気をもらいました(^^♪

卒業された学生さん、県外に進学や就職で行かれる前になどフレッシャーズの方々多くお見掛けするような季節になりました。
地域柄、お引越しや転勤などが多いので、せっかくきれいになってきてこの調子~、この患者さんのキレイになる経過をもっと診たいと思っていた矢先に引っ越し決まりましたってのが最近多くて非常に残念です。。ご希望の方には紹介状を準備していますのでお申し付けください。是非、新天地でも治療を継続されてくださいね(^^)

受験が終わってひと段落してニキビの患者さんも増えてきています。過酸化ベンゾイルの入った新薬を色々駆使して治療しています。10代から30代くらいまでの患者さんが多いです。
治療がんばって継続されている方は波はあるものの2、3か月するとほぼ初診時よりかなり良くなっています。治りがイマイチだなと思う場合は再度メイクや基礎化粧見直してみてください。再来で来られた場合にはこちらからご案内しない場合もありますので、ご希望あればスキンケア指導いつでもおっしゃってくださいね(^^♪
毎回必ず写真を撮って治療経過を観察して方針を決めています。診るだけではなく皮膚科は触って皮膚の表面だけでなく奥にどれくらい浸潤があるかなど触診も重要です。だいぶ皆さん慣れてくださっているのではないかと思います。

これからの季節は特に増える紫外線対策と保湿が重要です。日傘持参で診察来られる方もちらほら増えてきました。まだ肌寒くても紫外線の増える時期、冬の乾燥で傷んだお肌はダメージを受けやすく注意が必要です。
ニキビの患者さんはべたつくから保湿はしなくてよいと思われてるかたいますが、にきびは乾燥していると治りません。乾燥すると肌のターンオーバーがスムーズにいかずに毛穴がつまりやすくなるからです。また、ニキビ治療で使う過酸化ベンゾイルははじめの2、3週間で乾燥して皮が剥けたり赤みが出たりするためこの副作用を減らす意味でも保湿して肌のベースを整えておくことは非常に大切です。

ニキビ治してさらに美肌になりましょう✨

おまけ

駅ビルよるごはん(^^)
明日は土曜日、からの連休ですね、がんばりましょう(^^)/

カテゴリー|