いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

スキンケアで治す

2017.03.29

こんばんは、一宮です(^^)

今日もご来院ありがとうございます。午後はレーザー等が多くお待たせしました。初診でブログ読んで来てくださる方が多いです(^^♪
春休みも佳境ですね~進学や就職で県外などに行かれる方は新生活、お引越し準備などでお忙しい時期でしょうか。

診察やレーザーのたびに、早くきれいになって欲しいので、こすらないようにとか、紫外線気を付けてくださいっとかついついしつこく言ってしまうのですが、
先日、常連の患者さまが、1回聞いてもピンとこないけど何度も診察やブログ言われると頭に入りますよ~って優しいお言葉をかけてくださいました(^^)
スキンケアのことは診察のたび、またこのブログで何度も再放送ありますがお許しください、笑。

にきび、アトピー、接触性皮膚炎、保険診療の患者さんでも圧倒的にお顔の診察が多いです。薬で治す、漢方で治す、同じ皮膚の症状に対しても治療のやり方は様々です。
当院は、”スキンケアで治す”です。もちろん、皮膚科のクリニックですのでお薬も使いますし美容の機器を使うこともあります。
最初は特にお薬の力が必要な方がほとんどですし、基本的にはずっと使うことが多いですがスキンケアが上手くいくと薬の量が減る方が多いです。特に女性はメイク、スキンケア習慣がお顔の症状と密接に関係しています。
お顔の症状の場合、朝起きてメイクするまで、夜メイクを落として寝るまでの間にどういうスキンケアをしているかが非常に大切です。
朝起きて洗顔、化粧水、乳液、下地、ファンデ、仕上げ、これだけでおそらく数十回は顔をこすります。夜はこれにクレンジングやらパック、クリームなどが入ります。数えると女性って本当に1日に最低でも100回くらいは顔を触っているんじゃないかと思います。この100回をこするのか、柔らかく触るのかでお肌は変わります。

当院では、こすらない、つけすぎない、落としすぎない、遮光、保湿の5原則のスキンケア習慣を提案しています。詳しくはスキンケア指導でスタッフからお話しさせていただきます(^^)

なんだか毎日同じようなブログになってしまいますね・・(^^;
家族に呆れられるほど毎日お肌のことばかり考えて暮らしている私です。。

おまけ

先日行った湯布院の和食・・。宝石箱のようなステキなランチでした(*^-^*)

明日は木曜日で午後は休診です<(_ _)>