いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

患者さま症例写真☆肝斑

2017.07.04

こんばんは、一宮です(^^)
台風過ぎ去りましたね~、昼間は院内にいてもかなりの暴風雨でしたが夕方診療終える頃にはウソみたいに夕焼けでした(^^)
台風でしたがキャンセルもなく通常運転のいちみや皮フ科でした!

シミの患者さまがとても多いですが、トーニング、ルビーレーザーをWでされて、スキンケア指導を素直に取り入れてくださった方はお顔のシミがほとんどなくなり、テクスチャーがみずみずしいキメの整った絹肌になります✨施術しながらパーフェクトですね✨っていう方が今日も数名・・♡本当にこんなに変わってびっくりですっておっしゃっていました。

さて、今日は患者さま症例をご紹介します。ブログ掲載ご快諾頂きました、ありがとうございます<(_ _)>

肝斑治療の患者さまです。
元々質感がよくきれいなお肌の方なんですが両頬とくに頬骨のあたりの肝斑で色素沈着が強く目立つとのお悩みでした。
通常目元の肝斑は皮膚が薄いため真皮という深いところまでメラニンが落ち込んでいるためレーザーに反応が悪いということもあります。

1枚目が3月の初診時のお写真、2枚目はトーニングを2週おきに5回行った後のお写真です。右のコメカミの丸い色素斑1つはルビーレーザーで照射しています。

5回でこんなに色素が取れてキレイになられています✨

反対側のビフォー、アフターです。

真面目に2週おきに通われました。
以前と比べてお化粧がラクになったとおっしゃられていました。
5回終わられて残った肝斑をさらに美しくするためにもう1クールのトーニング治療を継続中です!

肝斑はスキンケア指導もポイントですので受診の際には詳しく説明させていただきますね(^^♪

おまけ

久しぶりに行った焼き鳥と釜飯のお店、大分市民にはおなじみの老舗(^^)

美味しくてお財布にも優しいお店です(^^♪

明日もご予約沢山、お待ちしております(^^)