いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

ニキビ症例写真3☆

2017.09.09

こんばんは、一宮です(^^)

怒涛の土曜日、あさイチから混みこみのいちみや皮フ科でした。待ち時間が長かったですが、みなさん、気長に穏やかにお待ちいただいてありがとうございます<(_ _)>

美容もご予約いっぱいでしたが、保険診療はやはりニキビの患者さんが多いです。
今日も短期間でとてもきれいになられた患者さんがいますのでご紹介させていただきます。
ブログ掲載許可頂いています。

10代の患者さん、メイクもされる方です。2か月前に初診された時には、顔全体に赤ニキビが多発している状態でした。スキンケアやメイクをお尋ねして治療と並行して日常のお手入れも指導させて頂きました。

1枚目が初診時、2枚目が2か月後です。

治療開始してまだ2か月ですが、スキンケアも同時に見直すと肌質も変わり早く治ります。毛穴が引き締まりテクスチャー改善して新しいニキビは出来にくい状態です。代謝が上がってるお肌はみると違いがわかります。

反対側、1枚目が初診時、2枚目が2か月後。

まだ2か月なのでニキビ痕の赤みが残っていますが、これから継続した治療すればグングン消えてきれいになります。
治療は保険診療のみです。

過酸化ベンゾイルを使った治療がメインですが、スキンケアもメイク指導も素直に受け入れて改善して、真面目に通院してくれている可愛い女の子です。

治療薬だけでなくメイクする世代の方は日常のスキンケアまで介入しないときれいに治らないことも多いです。皮膚科医は患者さんの日常まで介入しないと本当の治療はできない、皮膚トラブルは生活習慣病でもあるからです。糖尿病が薬だけでなく食生活も気を付けないと治らないのと同じ、薬塗るだけ、レーザーするだけよりも日々のスキンケアまで指導して改善してもうらことで治療効果は格段に上がります。

治るのも早いですが中断するとすぐ再発するのも若いニキビの特徴です、継続した治療が重要です。

どのタイミングでどんな治療をするかで今後の肌人生は劇的に変わります。
ニキビ治療のゴールはニキビ痕を残さないことです、ゴール目指してがんばりましょう(^^)/

おまけ
夕食の一品(^^♪ディーンアンドデルーカのサラダ、オイシックスのメニューです✨

野菜たっぷり、美肌に欠かせないビタミンACEリッチなメニューです(^^)

みなさま、良い週末をお過ごしください(*^_^*)