いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

ナース嶋崎のつぶやき

2017.10.31

こんばんは。
先週木曜日からゼオを開始した嶋崎です。まだ数日ですが、口周りを中心に剥離が進んでいます。2週間後に自分の肌がどう生まれ変わるのか、楽しみです(^^)
 
いきなりですが、皆さん いきつけのお店やかかりつけの病院には、何故通っていますか?
 
5号サイズの私はぴったりサイズのズボンを見つけることは大変で、ほとんどの規格はブカブカです…
初めて行った服屋さんで、そんな私の体型の悩みやデザインの好みを聞いてくれて、真摯に向き合ってくれた店員さんがいました。その方が一緒に選んでくれたコーディネートでいちみや皮膚科に面接に来ました。その方が居てくれたから、私はここで働いていると言っても過言ではありません。
 

少し家から遠い店舗なので、就職してから約4カ月顔を出していませんでした。先日、マスクをして店に行ったら、はじめは私に気付かずに「何かお探しですか?」と声をかけてくれました。私は「あ~覚えてないのかなぁ…」と少しガッカリしながら「いえ、大丈夫です…」とその方の目を見て言って、その場を離れようとした時に「あれ…え?もしかして、あの時の方ですよね?マスクしてらっしゃるから分からなかったですが、目でわかりました」と気づいてくれました(^^)
「どうされてるかなぁ~と思ってたんです。あれから新しい職場はどうですか?」と、色々話をしていて「ご自宅の近くの店舗に行かれたらいいですよ~」と言われましたが、「あなたに会いに、この店舗に買いに来たんですよ」とお伝えしました。謙遜されていましたが、お互いに笑顔になって、より信頼関係が構築された気がしました。

 
正直に、真摯に目の前の方のことを考えて、悩んでいること、求めていることを共有して、一緒に解決していくというプロセスは、接客業ではとても大切だと改めて感じました。
果たして、私はこの方のような対応ができているのか…と考えたら、まだまだ足りない部分があるなと思います。
限られた時間の中でのお話しと、お会いしていない期間も、その方に思いをはせることができるかで、関係は変化してくるような気がします。
 

医療者として以前に、人として、周りの人を大切に思う気持ちを常に持ち続け、日々過ごして行きたいと思います。

カテゴリー|