いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

それぞれの冬休み ☆嶋崎編☆

2018.01.13

こんにちは。ナース嶋崎です。
先日は大分市内でも雪が降っていましたね。神戸出身の私には、大分は雨や雪が多いなぁと感じる毎日です。

私は12/30の夕方からソニックと新幹線で地元に帰り、1/7の深夜に大分に帰宅しました。
2017年1月に大分県に引っ越してきて、それまでずっと地元を離れたことがなかったので、帰省する前から「いつ帰ってくるの?いつなら会える?」と12月に入ったあたりから、友達から続々と連絡があり、帰省しても実家には、ほとんど寝に帰っているだけ状態でした。一応、元旦だけは実家でおとなしくして、母とゆっくりした時間を過ごしました。

地元に帰り、世間では関西弁という名の標準語が飛び交い、土曜のお昼は、吉本新喜劇で笑い、昨年まで当たり前だった時間が流れていたので、このまま連休が明けてもずっと地元に居るような錯覚になっていました(^_^;)皆に「次はいつ帰ってくんの?」と聞かれ「は!そうだ私、今大分に住んでいるんだった!」と我に返る瞬間が多々ありました。

さて、この帰省時に私にとって、衝撃だったことがいくつかあったので、ご紹介します。

①神戸といえば・・
2017年冬の寒さが厳しくなってきた12月上旬に、関西ではメジャーな「粕汁」が食べたいと思い、買い物に出かけました。2.3件スーパーを回りましたが、各店舗1種類しか酒粕が売ってないことに衝撃を受けました。ちなみにその酒粕も神戸市灘区製造のものでした。今回帰省した時に買い物にでかけ、酒粕コーナーを確認したところ・・

3段分が酒粕。店頭でつい「やっぱり、これぐらい種類あるやんな~」と写メってしまいました。ご存知の方も多いと思いますが、神戸は酒蔵が多く、菊正宗・白鶴・沢の鶴など有名どころの酒蔵が多数あります。それぞれ、試飲もできたり、資料館になっているので、酒造りの工程なども勉強できる「灘の酒蔵めぐりコース」などもあります。以前の仕事で組合員さん向けにウォーキングを定期的に開催していましたが、この灘の酒蔵めぐりコースはリクエストも多く、12月の定番コースになっていました。もちろん、皆さんウォーキングより、昼間っから美味しいお酒が飲めることがメインになっていましたが(^^;) その時に「これ、美味しいよ~スイカの奈良漬けだって!」と私に試食を持ってきてくれた方がいて、一切れ食べて私は酔っぱらいました。。
大分から神戸は少し遠いですが、日本酒がお好きな方は是非、足を運んでみてくださいね。

②ちびっ子たちの成長・・
1/3はの昼間は実家に弟家族が来ていて団らんしていました。甥っ子は6歳と2歳。2歳の弟くんがマガジンを持ってうろうろしているのを見た6歳のお兄ちゃんが「アキラ100%やって!」と声をかけたら、その場でピタッと止まり、私たちギャラリーに向かって『にた~』と笑いながら、動き始めました。出来栄えはどうだったと思います?

きっと、彼はマガジンを落としてはいけないと思ったんでしょう(だって大事なところを隠すおぼんの代わりですもの)。
しかし、2歳児にとってマガジンは分厚くてなかなか扱いにくいようで、びっくりするくらいゆっくりなスピードで、マガジンをおぼんに見立ててひっくり返しました。
「めっちゃ遅いやん!もし、これが全裸なら確実に見えとんで!」とツッコんだんですが、本人はとても満足気で楽しそうでした。男の子ってこんな小さい頃から。こういうネタが好きなんだなぁ・・と、甥っ子の成長とともにTVの影響のすごさを感じました。

その日の夜は、友人の家に遊びに行きました。そこには3歳の娘さんがいます。1年ぶりくらいの再会なので、よく喋るようになっていてびっくり。友人に「うちの甥っ子がね・・」と昼間のことを話したら「うちもやるよ~」というので「え?!女の子なのにアキラ100%?!」と言うと「いやいや、ブルゾンとかやるよ。○○ちゃん『35億』やって!」と友人が娘さんに言うと、さっきまでキャッキャと遊んでいたのに、突然何かが降臨したかのうように、一回眼を閉じて、振り返りポーズで決めて「35億」でフィニッシュ。しかし!だれもいない方向への決め顔!「いやいや、こっちこっち!」と全員で全力でツッコミました。友人も「35億が何なのか、どういう意味なのかわかってないだろうけど、幼稚園でも流行ってるみたい」と話していました。
これは、関西のちびっ子だから?全国共通なのでしょうか。。とにかく、子どもたちの成長を感じ、ちびっ子ものまねが見れるとは、2018年の楽しい幕開けでした。

③人生初の・・
いきつけの店で、10年来の仲間とカウントダウンを終え、気心の知れた仲良しメンバー6人で初詣に。流れで、全員おみくじをひいたら、私だけ人生初の『凶』を引き当てました。「えらいもん引いてもた~。どうしよ」と騒ぐ私に、
「凶?マジで?見せて見せて!凶ってホンマにあるんやな~すごいやん!なかなか当たらへんで~、ある意味大当たりや!おめでとう!」
「凶は1番下やから、それ以上 下がることはないんやから、上がっていく一方やん」と励まして?くれました。さらに、そのおみくじの文章の中に「争いごと  一旦勝つがそのあと必ず負ける」的なことが書いてあったので「結局、負けるんやんね。アカンやん。さすが凶(^_^;)」と私が言ったら友人A「え?一回目は勝つんやろ?ほな1回で終わらせたらええってことやんな~。全然大丈夫やん」私の周りにポジティブな人が多いのか、関西のノリなのか・・1年大分に住んで、自分の中の関西の血が少し薄まってしまったのか、「その発想なかった!」と気づかされ、大切な仲間の存在をとてもありがたく感じました。凶を引き当てたことを“強運”だと思って、今年1年がんばっていきたいと思います。

これは、父のお墓参りに行ったときに撮った写真です。久しぶりに帰ってきても変わらない大切な存在を確認し、変わっていくことも感じることができた1週間でした。
空は全部繋がってる。大分で頑張っている私の姿も、遠くから見守ってくれていると思うと、嬉しい気持ちとさみしい気持ちになりました。帰る場所・自分らしく居れる場所があること・仲間がいることに感謝しながら、地元から離れている分、「私の分も、そばで家族を見守ってね」と父と祖父に話して帰ってきました。

私が大分に来てから始めたことの大きな1つがオーケストラでの演奏です。前回のブログでもお知らせさせて頂きましたが、いよいよ今月の21日(日)が演奏会当日となりました。
皆さんの聴き馴染みのある曲がたくさんありますし、ソプラノ・バリトンの方々の素晴らしい歌もありますので、ご興味のある方は是非、お越しください♪

2018年は、どんな年になるでしょうか。どんな年にしたいと思いながら過ごすと、物事はきっとその方向に動いていくと思います。
できるだけ多くの方に、たくさんの笑顔があふれる1年になるように、私自身は動いていこうと思っています。
笑顔でいると、幸せを引き寄せられると思っているので(*^-^*)
本年もよろしくお願い致します。

カテゴリー|