いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

肝斑治療

2018.06.07

こんばんは、一宮です(^^)

じめじめ、くせっ毛にはツライ季節が続きますね・・☂
雨の中のご来院ありがとうございます、雨の日は受付にタオルを準備しております、必要な方はお声かけください。
クリニック東側の白樺の緑が爽やかになる季節でもあります🌳

最近、昼休みにオペのない日は毎日化粧品や院内のサプリの勉強会をしています。効果、用法、副作用、規格、類似の他製品との比較、どこまで臨床治験でエビデンスが取れているか、などなどスタッフとして知っておかなければいけない知識は沢山。担当スタッフが15分づつで説明してくれます、私自身も復習になる良い機会です。日々の研鑚を怠らず、1日たった15分でも塵も積もれば知識の山ですね。

さて、今日は肝斑について。肝斑ってどんなシミ?典型的には両側の頬骨にベターっとぼやーっと分布している色素斑です、頬以外にも口の周りやおでこなどにもできます。ホルモンバランス、紫外線、摩擦などの刺激、などが原因です。
肝斑は他のシミと合わせてある方が多いのですが、美容のシミ治療の中の最難関と思われる1番やっかいなシミです。
私も昔と比べると随分減りましたが時期や体調によって肝斑が出たり引いたり・・。
トーニング、ゼオスキン、内服、などが主な治療になります。そして、いつも言ってる”こすらない”もとっても大事な治療です。
基本はレーザーかゼオかを選んで頂いて、ホームケアで内服、遮光、こすらないの徹底です。再発がゼロではないですが、レーザーのコースが終わるとだいぶ波が鎮まってきます。あとはいかに維持するか。
ゼオをされている場合にはセラピューティックをいきなり始めると刺激になり肝斑が悪化する場合もあり、マイルドから少しづつ始めるのがよいです。
肝斑治療は焦らず、ゆっくりがポイントです、詳しくは診察でご相談ください(^^)

今週土曜日の美容の医師施術(残り2枠)、美容診察、ナース施術枠は若干の枠があります、ご希望の方はご連絡ください。

おまけ
今週の常備菜。

副菜ばかり、メインがないですね。

息子作、”ちびまる子~”(笑)

どうでもいいネタですね(笑)

<お知らせ>
お昼休みの時間帯にも化粧品がご購入いただけるようになりました。
診療時間帯よりもスムーズに会計が出来ると思いますのでご利用ください。
お電話でご希望の商品と時間帯を連絡していただくとよりスムーズにご案内出来ます。

6月30日(土)はクリニック・エステとも臨時休診となります。ご迷惑お掛けしますがよろしくお願いいたします<(_ _)>

少し先ですが夏休みのご予約がすでに入ってきているようですのでお知らせしておきます。
お盆休みは8月11日~15日の5日間、8月23日(木)は臨時休診の予定です。
ご予約の際はお気をつけください<(_ _)>

カテゴリー|