いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

腕が出せない悩み

2018.06.15

こんばんは、一宮です(^^)

金曜日、沢山ご来院ありがとうございます。
最近、ご紹介や口コミで来院してくださる方が多くてうれしいです。
沢山ある皮膚科クリニックの中から当院を選んで来院してくださる、そしてお友達を紹介してくださる、本当にありがたいことです。
そういう気持ちをずっと忘れず診療していきたいと思います。

スペクトラのトーニング、ルートロは私が担当していますがみなさんどんどんキレイになります。
”鏡見るのが怖かったけど、見られるようになった”とか、”ずっとこのまま、仕方ないのかなあって悩んでいたけど、キレイになって本当にうれしいです”と今日もうれしいお言葉を沢山聞けました。日々こうしたご褒美をもらえるのでがんばれます。

さて、夏になって薄着になる季節。
最近多いご相談が毛孔性苔癬、聞きなれない病名かもしれませんが二の腕のブツブツ、ざらざらです。常染色体優性遺伝ですので遺伝性が強く皮膚科的には非常にありふれた病気です。10代から20代がピークで30代、40代にかけて少しづつ目立たなくなります。
根本的な治療はなかなか難しいのですが、夏に腕を出すこの時期、ノースリーブが着られないとご相談にみえる方が増えます。
症状を軽くする外用薬などはありますが満足度が高いとは言えないのが現状です。患者さんのQOLを上げらるように治療の選択肢を増やしていきたいなあと考えています。
私も毛孔性苔癬ではないですが、ADMで腕全体に褐色斑が集簇してあり目立つので昔から恥ずかしくて腕を出せないです、まあそもそも二の腕が太くて出せないっていう理由もありますが・・(^-^;
顔のADMはレーザーで取りましたが腕は範囲が広いのでまだ手付かずの状態・・。コンプレックスは人それぞれですね。

おまけ

大好きなお店のカヌレ、差し入れにいただきました💛

ありがとうございます(*^^*)

明日は土曜日です、ご予約沢山ありがとうございます。
お待ちしています(*^^*)

2週間後の6月30日(土)は臨時休診となります、ご迷惑おかけします<(_ _)>

カテゴリー|