いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

爪白癬の新薬

2018.07.19

こんばんは、一宮です(^^)

今日は半日、久しぶりに少しのんびりした診療でした。
入荷しては人気ですぐに欠品中だったゼオのデイリーPDがやっと入ってきました。
お取り置きの方にはこちらからご連絡差し上げます。
ゼオ開始される方、マイルドのコースでも最初の2週間くらいは赤みが出たりくすみや小じわが目だったり、肌荒れすることもありますが代謝が上がってる証拠ですので、気長に続けてください。反応期がおさまったらツルっとキレイなお肌に変化します。

さて、夏になって水虫のご相談がとても増える時期です。
爪白癬の新薬、”ネイリンカプセル”の説明会でした。

名前の由来はnail inでネイリンカプセルだそうです、わかりやすい👍

最近は外用剤で爪に浸透率の高いものが発売されているため内服を処方することは少なくなりましたが、中には外用剤では効果がイマイチという方もいらっしゃるので、治療の選択肢が拡がるのではないかと期待しております。

内服開始前、1か月後、2か月後に血液検査を行うことが望ましいようです。内服期間は12週間ですが血中濃度は1年後も維持できているそうで、内服中止後も効果を発揮します。リポバス、ワルファリン、ミタゾラムとは併用注意です。

外用で難治の症例や爪が肥厚していて外用剤が効きにくい例に処方していこうと思います。効果がどれくらいか楽しみなお薬ですね。
佐藤製薬さん、ありがとうございました。

おまけ
今週の常備菜。

今日から長男が夏休みで帰省中。
暑くて長い夏が始まります・・(≧◇≦)

明日もお待ちしてます(^^)/

カテゴリー|