いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

日焼けしてしまった時のアフターケア

2019.07.18

こんにちは!看護師の荒川です。
7月に入り、益々日差しが強くなってきましたが、みなさんはどのような紫外線対策をされているでしょうか?
当クリニックでもZOやレーザーなどで、きれいなお肌を手に入れても、夏はレジャーや観光に出掛け、うっかり日焼けしてしまわないか心配とおっしゃられる方も多くいらっしゃいます。
そこで今回は、うっかり日焼けしてしまった時のアフターケアについてお話しさせてください。

紫外線ダメージは、放っておくとシミやくすみのもととなるメラニンを生成させてしまいます。また日焼けは、軽い火傷のような状態ですので、お肌に熱を持つことで乾燥が進み、ごわつき、ハリや弾力が失われ、シワが目立ってしまいます。ですので、紫外線を浴びないようにすることはもちろんのことですが、うっかり浴びてしまった後のケアもとても大切になってきます。

まずレジャーなどで日焼けをしてしまった場合は、保湿よりも先に、保冷剤や冷たいタオルなどで熱がひくまで、しっかりクーリングしてください。(この時も、お肌はデリケートなので、こすらないでくださいね。先に洗顔をする場合も、たっぷりの泡でいつもより優しく!です)

熱がひいたら、保湿効果のある化粧水などでたっぷりと水分を与え、その後適度な油分のあるものでフタをしてください。
(※水ぶくれになるほどの日焼けをしてしまった場合は、化粧水などが刺激となってしまう場合もあるので、皮膚科へ受診してください。)

また飲む日焼け止め、ソルプロ・プリュス・ホワイトも効果的です。こちらはニュートロックスサンという天然ポリフェノールが活性酸素を抑制し、皮膚細胞の炎症を抑えて光老化を抑制する効果があるのですが、日焼けしてしまった後に飲んでもほぼ変わらない効果が得られますので、おススメです。

その後はスペシャルケアとしておススメなのが、メタトロンのコントア・マスクです。こちらはクリニックやエステサロン専売となっています。
保湿成分であるセラミドが高配合されているのと、パンテノールが含まれており、これが肌荒れやシワ、皮膚の細胞そのものを活性化させたり弾力性や保水性を高めるといった効果もあります。
また厚みのあるマイクロファイバーシートが、優しくお顔に密着し、潤いで満たしてくれるので、日焼け後におススメです。

その他、紫外線ダメージで角質が肥厚し、お肌のくすみが気になる方には、サリチル酸ピーリング。美白、美肌のための点滴や注射メニューもいろいろございますので、うっかり日焼けに悩まれている方は、ぜひご相談ください。

日差しに負けず、夏を思いっきり楽しんでお過ごしください!