いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

アトピー性皮膚炎に朗報です!!

2020.06.25

こんにちは、看護師の荒川です(•ᵕᴗᵕ•)⁾⁾
梅雨の晴れ間でも、もう夏本番と言わんばかりの日差しで、毎日暑いですね!

私たちいちみやスタッフは、マスクに、日傘、サングラス、UV手袋にUVストールなど、皆さまざまな紫外線対策グッズを駆使しながら通勤しています!!

さて、今日はアトピー性皮膚炎についてお話しさせてください。
アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹が良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気です。

原因は完全には明らかにはなっていませんが、遺伝的に皮膚の乾燥とバリア機能の低下があります。

またそれらに関連して、汗やホコリ、食物やダニのアレルギー、ストレスなどが悪化の因子とされています。

私自身もアトピー性皮膚炎なのですが、季節の変わり目や、体力が低下している時などは湿疹が出やすいです。

治療の目標は、遺伝的な体質が原因なので、病気を治すことではなく、皮疹をなくして日常生活を普通に楽しく送ることです。

当クリニックでは、皮膚のバリア機能を補う(保湿剤)と、炎症を抑える治療 (ステロイド療法)、プロトピック軟膏などによる外用療法、V-TRACによる光線療法がありましたが、これまでの治療でなかなか効果が見られなかった方や難治性の方には、外用療法と併用した上で、デュピクセントという自己注射療法も選択肢の一つとして増えました!

デュピクセントは、「IL-4」と「IL-13」という物質の働きを直接抑えることで、皮膚の内部に起きている炎症反応を抑えることによって、かゆみなどの症状や、皮疹などの皮膚症状を改善します。

(適応にはDrの診察が必要です。またデュピクセントは生物学的製剤による治療で、医療費が高額となることがあります。その際は医療費助成制度などの活用をご案内させていただいています。)

投与方法は、2週間毎に1回自己注射を行う治療となりますので、患者様が在宅で安心・安全に実施できますよう、初回導入時は数回クリニックで指導させていただいています。

アトピー性皮膚炎の治療では、患者さんが自分の状態をよく知り、継続して治療に取り組むことがとても大切です。うまくこの疾患と付き合い、目標である皮疹をなくして、毎日を楽しく過ごせるよう、私たちも精一杯のお手伝いができたらと考えています。

アトピー性皮膚炎でお悩みの方は、是非ご相談ください。

カテゴリー|