いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

ピーリングについて…

2020.10.19

こんにちは︎。
受付の姫野です。

今回はケミカルピーリングについてお話ししたいと思います。
と言うのも、以前お電話でのお問い合わせで、ケミカルピーリングのサリチル酸ピーリングとグリコール酸ピーリングの違いについてお尋ねがあり、疑問に思われてる方も多いのでは多いかと思いまして、折角の機会ですのでブログに書かせて頂きますね︎。

ケミカルピーリングとは…

皮膚にフルーツ酸(グリコール酸)や植物の酸(サリチル酸)等を塗り、皮膚を剥が事で新しい皮膚の再生を促す治療の事です。

ニキビ治療のイメージがある方も多いかとは思いますが、ケミカルピーリングで出来るのは、ニキビ治療だけでなく、ニキビ跡・毛穴の改善・小じわ等のお肌の悩みに広くアプローチできる治療です。

二つのピーリングの大きな違いはズバリ、施術の頻度です!!

グリコール酸ピーリングは、二週間に一回の施術が必要なのに対し、サリチル酸ピーリングは、グリコール酸よりも強力な角質溶解作用がある酸を使用しているので、1ヶ月に一度の施術で効果が期待できます。

また、サリチル酸はグリコール酸に比べて痛み、赤みも出にくいのが特徴です。

ただ、グリコール酸の方が殺菌力が強いので、ニキビ治療にはグリコール酸ピーリングの方が良いとされています。

ちなみに、サリチル酸ピーリングはルビーレーザー前のプレ治療で行うと、施術後の仕上がりが格段に上がりますし、グリコール酸ピーリングはブライダルエステとして、デコルテや背中を露出する際にされるとニキビやザラつきが取れてお勧めです︎♡

その患者様のライフスタイルや症状に見合った治療をご提案させて頂くので
お気軽にご相談されてくださいね。

私は先日、イオン導入で肌のトーンがグッと上がったので、次はケミカルピーリングにチャレンジしてみようかな!

このケミカルピーリングは当院でも人気の施術になりますので、施術を悩まれてる方は是非ご検討下さい︎。

カテゴリー|