いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

幸せホルモン♡

2017.05.22

こんにちは、エステティシャンの小野です(*^▽^*)
土曜日は息子の運動会の為、お休みさせて頂きありがとうございました。

そう、頑張ってお弁当を作りましたよ〜

といっても、前日の夜にほぼほぼ準備完了するんで当日は意外とゆっくりだったりします。

にしてもみんな早起きで、2時、3時起床のママ友も多かったです。
世のお母さんは子ども達の為に一生懸命です。

早起きといえばー
最近、体内時計が崩れている方が増えています。
目覚ましをセットしなくても大体同じ時間に目が覚める方は大丈夫ですが目覚ましをセットしても起きれない方、逆に夜の寝つきが悪い方、その他ー

・なかなか寝付けない
・寝ても短時間で目が覚めてしまう
・いくら寝ても眠い
・眠りが浅くて寝た気がしない

等々症状がある方は脳内神経伝達物質「セロトニン」が原因かもしれません。

このセロトニン、別名幸せホルモンと呼ばれるとっても大切なもの。

太陽の光を浴びる事でセロトニン神経が活発化、セロトニンの作用が正常化します。カーテンを閉め切ったままにしてる方や、朝日を浴びる環境にない方は注意されて下さいね。

セロトニンが不足するとまず起こるのが、ストレスに弱くなるという症状。
ささいなことでものすごく悲しくなっていつまでもクヨクヨしてしまったり、ちょっとしたことで怒りすぎるキレやすい状態になってしまいます。
また、感情を制御できずに不安定になっているため、まるでジェットコースターのように怒ったり泣いたりするような症状が出ることもあります。
いわゆる抑うつ状態やヒステリーと呼ばれるような精神状態を想像してもらえるとわかりやすいと思います。

その他にもー
セロトニン不足はストレスがたまりやすい上に幸福感も得にくくなり、ついやけ食いしてしまったり、食べても食べても満足出来なくなる為、結果太りやすくなったりもします。

また更年期障害の悪化やセロトニン不足が続く事で心身共に疲労が蓄積し、他の人よりも老けるのが早くなる、老けやすくもなるんだとか。

ではどうしてセロトニンが不足するのか?

原因として考えられているのが以下の3つのもの。
・慢性的な運動不足
・太陽を浴びていない(日中あまり外に出ない)
・栄養が偏ってセロトニンの材料が足りない

一言で言えば生活習慣の乱れです。

現代人は何かと忙しく生活習慣が乱れやすい上に、仕事や人間関係でストレスをためやすい状態にあります。
頑張っている人ほどセロトニン不足になりやすいそうですよ~

ではどうすれば良いのか?

セロトニンを増やす方法は様々にありますが簡単に摂れるのはやっぱりお肉。

元気を出したい時疲れている時、焼肉を食べに行くって経験があるかと思いますが人は本能で不足した物を取り入れようとする働きがあるんでしょうね。

また太陽の光を浴びるのも一つですが昼間は刺激が強すぎるので午前8時までの朝日がお勧めです。

セロトニンを増やす食材、運動、深呼吸やストレッチなど諸々ありますので興味のある方はお尋ね下さいね。

セロトニンが増えると女子力が高まり綺麗になります。
毎日を笑顔で楽しく過ごす、キラキラした女性になるにはセロトニンは欠かせない物質なのです

カテゴリー|

土曜日☆

2017.05.20

こんばんは、一宮です(^^)
今日は土曜日でしたが、運動会の影響か?それほど混み合わずにスムーズな診療でした。
当院は受診された患者さまのご家族やお友達からご紹介での受診が多くてとてもうれしいです、ありがとうございます(^^)

今日は受験で忙しかった学生さんが久しぶりに受診されたのですがニキビの治り具合にびっくりしました、中学生、高校生のニキビはあっという間に治る方が多いです。でも治療中断されると再発もほぼ必発です、その方もお薬切れたらまた悪くなったと受診されました。ニキビは症状に応じてお薬を変えて治療します。イマドキの高校生、勉強に部活に本当に忙しいと思うのですが治ったと思っても自己判断で中断せずにお薬が切れる前に継続して受診されてくださいね~。
また今日は県外にお引越しされた患者さんが久しぶりにおみえになって近況が聞けたりうれしいこともありました(^^)

1週間終わってほっとする土曜の午後、今日は元気があったので駅ビルに買い物、ランチに行きました(^^♪
駅ビルは有名人が来ていたらしく駅前広場はめちゃくちゃ盛り上がっていました!

アフタヌーンティーの期間限定のフレンチトーストが久々のヒットでリピーターになってます、ベリーソーダと(^^♪

その後、久しぶりのお友達が来てくれたり家でのんびり過ごしました(^^)
開業してから以前みたいに友達とゆっくりランチなんていう時間がほぼ皆無な私です・・(^^;

夜はご近所のなつかしいお店に・・20年前くらいに家族で行った遠い記憶があるのですが、久しぶり過ぎましたが家庭的なほっこりな雰囲気で美味しかったです(^^)

車だったのでノンアルでしたが次はワイン飲みたいな~!

今日は皮膚科と関係ない食べログみたいになってしまいました・・(^^;
みなさんも良い週末を(^^)/

カテゴリー|

患者さま症例

2017.05.19

こんばんは、一宮です(^^)

今日も夏みたいな陽気でしたね~(^^♪
午後はバタバタ忙しかったです、ご来院ありがとうございます。

今日はスキンケアと外用治療できれいになられた患者さまの症例写真をご紹介します。ブログ掲載ご快諾いただきありがとうございます。

2か月前に初診された時はお顔の痒みを伴う皮疹が口のまわりから頬にありました。お顔全体に赤みと乾燥、慢性的な炎症でお肌が傷んでいる所見がありスキンケアの見直しが必要と考えました。ご自身も基礎化粧が原因かもと、使っていらっしゃる化粧品をすべて持参されてご相談にいらっしゃいました。
基礎化粧とメイクの見直しと保険診療の軟膏治療から開始しました。

当院の院内ローションを中心にスキンケアを変えていただき、皮疹やかゆみはおさまりました。
皮疹がおさまったら、シワが気になるとのことで治療を希望され、トレチノインを開始しました。シミも気になるとのことでハイドロキノンも追加しています。

左が初診時、右が2か月後です。お肌のテクスチャー改善、毛穴、小じわなど全体が改善しています。

ほうれい線やマリオネットも、特別なタルミの治療はしていませんが、正しいスキンケアと外用治療だけでここまで改善します。日々のスキンケアがいかに重要かわかります。当院を信用してくださって、おすすめのスキンケアを素直に取り入れてくださり、真面目にマメに通ってくださっている方です。お会いするたびにどんどん若返られてこちらもびっくりします。

お顔の慢性的に続く皮疹は基礎化粧やメイクなどが原因のこともあります。日々のスキンケアを見直すことはとても重要です。

おまけ
常備菜(*^-^*)

スタッフにもらったダシダ、野菜の和えものなど常備菜になんでも混ぜるだけで美味しくなりました(^^♪

明日は土曜日です、今週もあと1日がんばりましょう(^^)/

ステロイド外用薬について

2017.05.18

こんばんは、一宮です(^^)

先週に比べると今週はのんびりした診療でちょっと一息です。

皮膚科医としては避けては通れないステロイドについて今日は書きたいと思います。
皮膚科医の永遠のテーマと思ってますが・・誤った知識でステロイドを過剰に怖がる患者さまがいらっしゃいます。
それぞれのお考えなので一概にダメとも言えませんが、皮膚科医はステロイドを症状の程度によって使い分けて最小限の副作用で最大限の効果が出るように工夫して処方しています。ステロイドで症状がおさまればタクロリムスなどの免疫抑制剤に切り替える維持療法を行っています。

炎症や痒みが強いときにステロイドはとてもよく効く良いお薬です。
ステロイド内服と塗り薬のステロイドの副作用を混同されて、ステロイドを塗ると体の内臓にも副作用があるから使いたくない、ステロイドを使うと皮膚が黒くなるから使いたくない、ステロイドを使うとやめたらひどくなるなどと思い込んでいる方もいます。

これらはすべて間違いです。

私が研修医の時、アトピーの権威の当時の助教授外来についていました。その先生がよく患者さんに説明していたのは、ステロイドの外用で内臓に副作用が出るには最強クラスのステロイドを1日に40グラム塗り続けないといけないということでした。最強クラスのステロイドを処方することは私は滅多にありませんし、1日40グラムって小さいチューブ8本分です。それを塗り続けるってふつうにはあり得ないことです。

ステロイドを使うと皮膚が黒くなる?これはお薬のせいではなく、炎症が続いていることによって炎症後の色素沈着をきたすため皮膚が黒くなることがあります。ですので、お薬のせいではありません。レーザー後色素沈着でレーザー後にしばらく皮膚がメラニンを作る時期がありますが、ステロイド塗っていなくても強い刺激を与えると皮膚は体を守ろうとしてメラニンを作ってしまうのです。

ステロイドをやめたらひどくなる、これは中途半端に使う方が多いためだと思われます。少しよくなるとこわいからと言って外用をやめる、するとまた増悪する、炎症が長引く・・の悪循環です。最終的に長引いてステロイド内服せざるを得なかったり、ひどい場合には感染症のリスクもあります。

ステロイドを使うと局所の副作用は確かにあります。使う量や部位、期間にもよりますが長く使うと皮膚が薄くなって血管が透けて見えてきたりします。でもステロイドを使わないで炎症が続くと苔癬化と言って皮膚が象の皮膚のように厚くなります。先ほどの助教授はご自身もアトピーで自分は長年ステロイドを使ってきて顔の皮膚が薄くて赤い顔になった、けど使わなったら象みたいに分厚い皮膚になっていただろうとおっしゃいました。どちらの人生がいいか?究極の選択?決めるのは患者さんです、正しい情報とその患者さんにとって最善の治療を提案するのが皮膚科医の役割だと思っています。

ちなみに、小さい頃からアトピー持ちの私も、30年以上、顔と手にステロイドを塗り続けています。セラミドを使い始めて以前より量は減りましたがいまだに口の周りや目の周りなどは荒れやすいのでステロイドが完全にきれることはないです。手は少し皮膚が薄い感じはしますが顔は副作用はほとんど出ていません。
ステロイドのおかげで肌荒れも長引かないし、お肌のQOLはステロイドのおかげで保たれています。

おまけ

差し入れで頂いた美味しいパンでおひるごはん(^^)

旬のソラマメも頂きました。スタッフみんなで分けていただきました。

ありがとうございます(*^-^*)

週の後半がんばりましょう(^^)/