いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

ZOゼオスキン:3種の洗顔料について

2020.12.29

こんにちは。受付の姫野です。
もう年の瀬ですね。
年末年始はかなり冷え込みも厳しくなる様ですので皆様、体調管理にはお気をつけ下さいね。

今日は乾燥シーズンに入り、ご自身のスキンケアの見直しをされる方によく聞かれる内容、ゼオスキンの3種のクレンザーの違いについてお話させて頂こうと思います。

ゼオスキンの洗顔は全てダブル洗顔不要です。(但し濃いアイメイク等は、別に専用の化粧落としで落として頂いた方が良いです)クリームタイプ、ジェルタイプ、スクラブタイプがあり、それぞれ使用感が異なります。
 ・
○ハイドレーティングクレンザー(普通〜乾燥肌向け)
クリームタイプのクレンザーです。1番肌に優しく、清潔に整えます。パンテノールが肌にハリや弾力を与えます。

○ジェントルクレンザー(普通混合肌向け)
ジェルタイプのクレンザーです。
(個人的にはデカビタの様な甘い匂いを感じ、洗顔をする度にテンションが上がります)さっぱりとした洗い上がりですが、肌の水分はキープしてくれます。

○エクスフォリエーティングクレンザー(普通〜脂性肌向け)
一番人気。スクラブ入りのジェルクレンザーです。ビタミンEで覆われた不溶性のポリッシュスクラブがお肌の不純物、古い角質を取り去ります。カプセル化したビタミンEが抗酸化をサポートします。

一応お肌のタイプに合わせてありますが、
オールスキンタイプであれば、全種類使用出来るようです。季節やお肌の変化、また気分応じて、使い分けても良いかもしれませんね。(私は普段はエクスフォリエーティング、時期的に乾燥が気になるなーと思ったらハイドレーティングにしてます)
 ・
ゼオに限らずご不明なことがありましたら、お気軽にスタッフにお声がけくださいね。
▷ゼオスキンは医療機関専売品で、購入にはドクターの診察が必要です。気になる方はまずはスタッフにお声がけください。

冬こそおススメ♪エンビロンのトリートメント

2020.12.24

こんにちは、エステの川頭です♩
今回は乾燥するこの時期にオススメな施術をご紹介させていただきます!
みなさん、「エンビロン」にトリートメントがあることをご存知でしょうか?(^_^)

紫外線ダメージによる「光老化」は8割と言われています。
夏は日焼け止めで紫外線対策を行う方は多いですが、年間を通じた紫外線対策がとても大切です。
日々のホームケアももちろんですが、お肌のメンテナンスで2週間、1ヶ月に1回のトリートメントもとても効果的です。


☆ソノイオントリートメント
お肌のコンディションに合わせてビタミンA.ビタミンCの導入剤を選択しイオン導入と超音波イオン導入を同時に行うことで通常の塗布に比べ約40倍以上の浸透効果があります。


☆クールビタミントリートメント
アルジネートマスク(海藻ミネラル)を使用し通常の塗布に比べ約4倍以上の浸透効果で皮膚のクールダウンも同時に行うこともでき保湿・鎮静効果もあるため敏感肌、乾燥肌の方にもオススメです。
ゼオスキンをご使用の方もご利用いただけます︎

必ず診察・予約が必要です。詳しくはスタッフまでお気軽にお問い合わせください♪

スキンケアの盲点

2020.12.21

こんばんは、一宮です(*^-^*)
年末の師走を感じる今日この頃。診療も混み合ってきて、年末だなあと感じます。

さて、スキンケアのお話しです。
ファンデーションのパフやスポンジ洗ってますか?
小さな事ですが、スキンケアの意外な盲点と感じます。

時々診察でお話ししていますが、皮膚には常在菌がいて、ニキビの原因菌であるアクネ菌、アトピーと関連するブドウ球菌などは過剰に増えたりバランスが崩れるとニキビや肌荒れの原因になります。

毎日使うパフやスポンジは菌の培地になってしまいます。
3日で菌が増殖すると言う報告もあり、皮脂や汗と菌の付着したものをせっせと毎日肌に塗り込んでいたら、治るニキビや肌荒れも治りません。

私もパフは10個くらい持っていて、数日使ったら、洗顔するついでにパフも一緒に洗っています。

パフがキレイだとメイクも気分が良いですよ、習慣になると汚いパフは使えなくなります。

とある論文では、パフの洗浄には台所用洗剤や、熱湯消毒とも書いてありましたが、私はゼオのクレンザーやプラスリストアの泡ソープを使ってます。
手洗いして干したら半日で乾きます。

ビューティフルスキンのパフは何回洗ってもゴワゴワになりません。

ちょっとしたスキンケア習慣の見直しで、ニキビや肌荒れも改善するきっかけになるかもしれません、是非今日から、洗ってみてください^_^

インスタで最新情報アップしています、フォローはお気軽に(^^♪

クリニック➡ https://www.instagram.com/ichimiya_hifuka/

院長➡ https://www.instagram.com/dr.hiroko_ichimiya/

カテゴリー|

冬でも紫外線対策は欠かせません‼

2020.12.20

こんにちは、看護師の東江です
日に日にグンと寒くなりましたが・・・澄んだ空気の中では、クリスマスのイルミネーションがより一 層綺麗に感じますよね♪

皆様は冬でも日焼け対策できてますか?
日差しが強い日や、特に夏の期間は日焼け対策を万全にされている方が多いですが、意外と盲点なのが、冬の日焼け対策です。

気温が下がると逆に日差しがぽかぽかで気持ちよく感じてしまいますよね・・・。確かに夏と比べれば紫外線量は低いですが、肌へのダメージは大きいんです!

冬はよく日焼けをしないから…という声をよく耳にしますが、そこは注意です!日差しが弱くなっても、気温が低くなっても、紫外線は年中降り注いでいます。

紫外線にはUVAとUVB、2つの紫外線がありますが、
●UVA 肌深部にダメージを与え、肌の弾力の低下、シワなどの原因に
●UVB 肌表面にダメージ与え、日焼け、シミ、そばかすなどの原因に

日焼けの症状がすぐに表れるUVBは窓ガラスを通過できないため、「家の中にいて日焼けした!」と感じる人はあまりいませんが、じわじわと肌深部を攻撃するUVAは窓ガラスも通過!屋内だからと油断していると、気づかぬうちに紫外線ダメージを受けてしまいます。

紫外線ダメージは後からやってきます。
日焼けのようにすぐに表れるものもありますが、冬の紫外線は長い年月をかけて徐々に肌に変化をもたらします。肌の色、肌の弾力、キメ。少しずつ少しずつ肌を老化させてしまうんです。
一度浴びてしまった紫外線は、後から取り消すことはできません。
いつまでも若々しいお肌でいるために、一年を通した適切な紫外線対策を心がけたいですね。

当院ではUVカットのみではなく、ブルーライトカットや、ノンコメドジェニック(ニキビができにくい)処方などのさまざまな種類の紫外線対策商品の取り扱いがあります。

いつでもお近くのスタッフにお声かけ下さい