いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

アトピー性皮膚炎

セラミドの底力☆

2017.10.05

こんばんは、一宮です(^^)

すっかり寒くなりましたね~。うっかり半袖で外に出ると寒い(≧◇≦)

ずっと通ってくださっている患者さまでもまだこのブログを知らない方もいらして最近待合室で周知の案内を出したせいか、ブログやってたんですね~って言われることも。お暇なときに読んで頂くとうれしいです(^^♪

私のゼオのホラー顔はかなり衝撃だったみたいで、ゼオ気になるけどあんなになるのがコワい( ;∀;)っておっしゃる方も。やっぱり思い切り過ぎましたかね(笑)でもあれマックスで3倍量で塗っての反応なのでふつうに使ってもあんなことにはなりませんのでご安心を~(笑)
ホラーな顔が気になる方はブログのゼオスキンのカテゴリで検索してみてください(笑)

さて、木曜日で午後休診でしたがやはり残って研修を、ナースはレーザーや高周波機器などの照射の仕方を。日々より効果的にあてる方法を探りながら研鑚を積んで結果を出す治療を確実にお届けできるよう努めています。

でやっと本題です。
本日は、セラミドでキレイになられた患者さまをご紹介します。ブログ掲載許可ありがとうございます。
長年アトピー性皮膚炎でお悩みの方でした。初診時は顔全体に紅斑で赤み、炎症が強い状態でした。
スキンケアを見直していただいて、外用薬と並行してセラミドを使った治療を開始。

少しづつ良くなってきたのですが当院のセラミドをずっと使ってくださり炎症が再発することがほとんどなくなり肌質もキレイ✨に変わってます。


現在お顔はステロイドは使わない治療が継続できています。保険診療のみです。
体はもともとのアトピーの湿疹がまだ続いているのでステロイドが必要ですが、お顔がキレイになると笑顔が戻って患者さまの日々の暮らしが明るくなる、そういうお手伝いができることを皮膚科医として本当にうれしく思います(*^_^*)

アトピーや美容治療でもそうですが、セラミドの力はすごいな~って日々感じています。
私も毎日使っていますが継続して使うと本当に底力のようなすごい効果を感じる美容液です。もともと人間の肌にある成分なので本来の肌代謝に戻るっていう感じでしょうか。
アンチエイジングでも、くすみが取れて透明感が出るしレーザーとの併用も効果が高いです。

おまけ
息子と駅ビルふたりごはん。最近、ちゃんとした料理作る時間がなく~(^-^;自分のみそ汁がちょっと恋しい(笑)

お知らせにもアップしましたが、下記日程で11月、12月臨時休診となります。
また、お正月少し長い休暇を頂きます。
ご迷惑おかけしますがご理解のほどよろしくお願い致します<(_ _)>

臨時休診
11月25日(土)
12月13日(水)午後
12月14日(木)

年末・年始は
12月31日~1月8日まで9日間、休診となります。

梅雨のアレルギーについて

2017.06.19

こんにちは!ナースの吉井です(*^^)v

6月ももう半ば・・・。
年始におみくじや雑誌の占いで私の今年の運勢は「十数年に一度の幸運が訪れる」と
書いてあったのを思い出しました。気付けば一年の半分が過ぎているではありませんか(゚д゚)!
この半年の間に幸運を見落としたのか?はたまた、これから何かが起こるのか?一人で焦ってしまいました(;^_^A
ですがこの平凡な生活が一番幸せなのかもしれませんね。

ところで、最近くしゃみや鼻水、鼻づまり、痒み、咳などの花粉症に似た症状または、風邪に似た症状が出ている方はいませんか?
私はくしゃみ、鼻水がよく出ます(+_+)

その症状もしかしたらアレルギーかもしれません。

梅雨の高温多湿の時期に繁殖するカビやダニによってアレルギーが引き起こされたり鼻炎や結膜炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎の悪化などの原因になることがあります。

アレルギー反応は異物を体の中に入れないように鼻水やくしゃみとして放出したり、吸い込んで肺の中に入ってこないように咳で出し表れます。寝具や枕、ぬいぐるみなどで繁殖し皮膚に接触することで痒みや湿疹、アトピー性皮膚炎を悪化させることもあります。

アレルギーであるかどうかは血液検査が有用な場合があります。
勿論、当クリニックでも血液検査は行っております。
検査したほうが良いかどうかは症状などによりますので診察の際に医師から説明させていただきます。

その後は処方薬で症状を抑え、原因となるものを取り除いて頂きます。

参考までに、ペットによるアレルギーであれば室内に入れない事が求められますが無理であれば最低限カーペットや畳をやめてフローリングの床で清潔に飼育されるのもお勧めです。
カビはエアコンのフィルターや浴室の石鹸カス、洗面所やバスマット、壁に密着した家具が特にカビの温床になります。こまめな掃除を心掛けましょう。

ダニは25~30℃、湿度60~85%が繁殖しやすく50℃20分以上で死滅します。
お布団を天日干ししても残念ながらダニは死滅しません。布団乾燥機がお勧めです。乾燥後は掃除機でダニの死骸を吸い取りましょう。その他、じゅうたんや布製ソファー、ぬいぐるみなどスチームアイロンも効果的です。最近はカビやダニの対処商品も良い物があるようです。ご家庭に合ったものをご使用くださいね。

アレルギーによる皮膚炎はお薬と併用して毎日のスキンケアも重要になります。
当クリニックでは診察と一緒にスキンケア指導も無料で行っておりますのでお気軽に声をお掛け下さい(^-^)

アレルギーに負けず快適な梅雨を過ごしましょう♪

ステロイド外用薬について

2017.05.18

こんばんは、一宮です(^^)

先週に比べると今週はのんびりした診療でちょっと一息です。

皮膚科医としては避けては通れないステロイドについて今日は書きたいと思います。
皮膚科医の永遠のテーマと思ってますが・・誤った知識でステロイドを過剰に怖がる患者さまがいらっしゃいます。
それぞれのお考えなので一概にダメとも言えませんが、皮膚科医はステロイドを症状の程度によって使い分けて最小限の副作用で最大限の効果が出るように工夫して処方しています。ステロイドで症状がおさまればタクロリムスなどの免疫抑制剤に切り替える維持療法を行っています。

炎症や痒みが強いときにステロイドはとてもよく効く良いお薬です。
ステロイド内服と塗り薬のステロイドの副作用を混同されて、ステロイドを塗ると体の内臓にも副作用があるから使いたくない、ステロイドを使うと皮膚が黒くなるから使いたくない、ステロイドを使うとやめたらひどくなるなどと思い込んでいる方もいます。

これらはすべて間違いです。

私が研修医の時、アトピーの権威の当時の助教授外来についていました。その先生がよく患者さんに説明していたのは、ステロイドの外用で内臓に副作用が出るには最強クラスのステロイドを1日に40グラム塗り続けないといけないということでした。最強クラスのステロイドを処方することは私は滅多にありませんし、1日40グラムって小さいチューブ8本分です。それを塗り続けるってふつうにはあり得ないことです。

ステロイドを使うと皮膚が黒くなる?これはお薬のせいではなく、炎症が続いていることによって炎症後の色素沈着をきたすため皮膚が黒くなることがあります。ですので、お薬のせいではありません。レーザー後色素沈着でレーザー後にしばらく皮膚がメラニンを作る時期がありますが、ステロイド塗っていなくても強い刺激を与えると皮膚は体を守ろうとしてメラニンを作ってしまうのです。

ステロイドをやめたらひどくなる、これは中途半端に使う方が多いためだと思われます。少しよくなるとこわいからと言って外用をやめる、するとまた増悪する、炎症が長引く・・の悪循環です。最終的に長引いてステロイド内服せざるを得なかったり、ひどい場合には感染症のリスクもあります。

ステロイドを使うと局所の副作用は確かにあります。使う量や部位、期間にもよりますが長く使うと皮膚が薄くなって血管が透けて見えてきたりします。でもステロイドを使わないで炎症が続くと苔癬化と言って皮膚が象の皮膚のように厚くなります。先ほどの助教授はご自身もアトピーで自分は長年ステロイドを使ってきて顔の皮膚が薄くて赤い顔になった、けど使わなったら象みたいに分厚い皮膚になっていただろうとおっしゃいました。どちらの人生がいいか?究極の選択?決めるのは患者さんです、正しい情報とその患者さんにとって最善の治療を提案するのが皮膚科医の役割だと思っています。

ちなみに、小さい頃からアトピー持ちの私も、30年以上、顔と手にステロイドを塗り続けています。セラミドを使い始めて以前より量は減りましたがいまだに口の周りや目の周りなどは荒れやすいのでステロイドが完全にきれることはないです。手は少し皮膚が薄い感じはしますが顔は副作用はほとんど出ていません。
ステロイドのおかげで肌荒れも長引かないし、お肌のQOLはステロイドのおかげで保たれています。

おまけ

差し入れで頂いた美味しいパンでおひるごはん(^^)

旬のソラマメも頂きました。スタッフみんなで分けていただきました。

ありがとうございます(*^-^*)

週の後半がんばりましょう(^^)/

迷走中・・☆

2017.04.28

こんばんは、一宮です(^^)

連休前の金曜日、沢山ご来院ありがとうございました。診療がだいぶ長引いてしまいました。
スタッフみんな遅くまでおつかれさまでした(^^)
私も明日から2日間ゆっくり休みたいと思います。

女性の患者さんで、お肌にトラブルをかかえていらっしゃる方、多いお悩みがどの化粧品を使っていいのかわからない、何を使ってもかぶれる、こんな状態でお化粧していいの?などなど、色々と化粧品を変えては迷走中っていう方が案外多いです。使っているお化粧品を全部持ってご相談に来られる方もいらっしゃいます。
皮膚科に行ったら湿疹があるときはお化粧したらダメと言われたとかよく聞きますし私も昔勤務医時代はそういう光景を目にしたことがあります。炎症が強くてメイクすると返って浮くという場合は仕方ないかもしれませんが、毎日メイクしている女性にお化粧ダメってそれはツライですよねー。お仕事されている方などはお化粧しないわけにはいかないっていう方も多いです。
ですので、お肌の調子が悪いときでも出来るだけ悪化させないようにするメイクをご提案しています。どういうものをどう使うかでトラブル肌でも負担のないメイクをすることは可能です。

スタッフがスキンケア指導の記録に”ファンデ難民”という言葉を書いていて最初は意味がわからなかったけど、化粧品など色々使って迷走中のことをそう呼ぶそうです。私もその昔は化粧品を次々と変えてよりカバー力が高い、よりきれいに見える、などの理由でリキッドファンデを塗りその上からパウダーをのせて仕上げのパウダーをのせるというこってりコテコテ厚化粧をして元々老け顔なのに、益々老けて見えるメイクをしていました(^^;
リキッドファンデは水分が入るので防腐剤が、固形ファンデは油分で固めますので酸化防止剤が入っています。落とすのはもちろん界面活性剤入りのクレンジング必須だし昔の私はアトピー肌でひどい乾燥と間違ったこすりまくるケアで角質もゴワゴワ、ADMのシミや加齢性のシミまでてんこ盛りという悲惨な状態でした。なので、お顔中シミという方が来られても昔の私の顔に比べたらこのくらいは時間かかっても絶対治せると自信を持って治療を提案出来ます。ルビーレーザーでシミを1度に100個くらい照射したこともあります。色んな治療を経験してアトピーもシミも今は顔にはほとんど出来なくなりました。

おまけ
モミジの新緑。

明日は祝日のため休診です<(_ _)>
みなさん、良い連休を(*^-^*)

スキンケアで治す

2017.03.29

こんばんは、一宮です(^^)

今日もご来院ありがとうございます。午後はレーザー等が多くお待たせしました。初診でブログ読んで来てくださる方が多いです(^^♪
春休みも佳境ですね~進学や就職で県外などに行かれる方は新生活、お引越し準備などでお忙しい時期でしょうか。

診察やレーザーのたびに、早くきれいになって欲しいので、こすらないようにとか、紫外線気を付けてくださいっとかついついしつこく言ってしまうのですが、
先日、常連の患者さまが、1回聞いてもピンとこないけど何度も診察やブログ言われると頭に入りますよ~って優しいお言葉をかけてくださいました(^^)
スキンケアのことは診察のたび、またこのブログで何度も再放送ありますがお許しください、笑。

にきび、アトピー、接触性皮膚炎、保険診療の患者さんでも圧倒的にお顔の診察が多いです。薬で治す、漢方で治す、同じ皮膚の症状に対しても治療のやり方は様々です。
当院は、”スキンケアで治す”です。もちろん、皮膚科のクリニックですのでお薬も使いますし美容の機器を使うこともあります。
最初は特にお薬の力が必要な方がほとんどですし、基本的にはずっと使うことが多いですがスキンケアが上手くいくと薬の量が減る方が多いです。特に女性はメイク、スキンケア習慣がお顔の症状と密接に関係しています。
お顔の症状の場合、朝起きてメイクするまで、夜メイクを落として寝るまでの間にどういうスキンケアをしているかが非常に大切です。
朝起きて洗顔、化粧水、乳液、下地、ファンデ、仕上げ、これだけでおそらく数十回は顔をこすります。夜はこれにクレンジングやらパック、クリームなどが入ります。数えると女性って本当に1日に最低でも100回くらいは顔を触っているんじゃないかと思います。この100回をこするのか、柔らかく触るのかでお肌は変わります。

当院では、こすらない、つけすぎない、落としすぎない、遮光、保湿の5原則のスキンケア習慣を提案しています。詳しくはスキンケア指導でスタッフからお話しさせていただきます(^^)

なんだか毎日同じようなブログになってしまいますね・・(^^;
家族に呆れられるほど毎日お肌のことばかり考えて暮らしている私です。。

おまけ

先日行った湯布院の和食・・。宝石箱のようなステキなランチでした(*^-^*)

明日は木曜日で午後は休診です<(_ _)>

赤ちゃんからの保湿

2017.03.25

こんばんは、一宮です(^^)
今日の土曜日も沢山ご来院ありがとうございます、待ち時間が長い時間帯があり申し訳ありませんでした。
スタッフみんな息つく暇もないくらいバタバタしていました、みんなおつかれさま(*^-^*)

美容のシミやお肌診断ご希望の方はあらかじめ電話でご予約頂くと優先的にご案内できます。当日でも美容診察は可能ですが、ご予約が多いと施術等がご希望に添えなかったり長くお待たせしてしまう場合がありますので美容で受診希望の方は出来るだけ前もってご連絡ください<(_ _)>

小さいお子さんの診察多いですが一番多いのがカサカサ乾燥肌、かゆみです。
最近の研究によると新生児のうちから肌を保湿しておくとその後の食物アレルギーの発生率が低下したりアトピー性皮膚炎の発生率を低下させたり重症化を防ぐことができることがわかっています。つまりお肌の保湿は皮膚を守るだけでなく、他のアレルギー症状からも体を守る働きがあるのですね。お肌のバリア機能、あなどれません。保湿のローションやクリーム、最近は泡タイプも出てますが、それらを毎日小さい赤ちゃんの頃からお風呂上りに塗ってあげるとお子さんの将来のアレルギーの発生率や重症度が変わってくるんです。患者さんにはそういう説明をいつもさせて頂きますが、私自身はうちの子にあまり真面目にスキンケアやっていなかったので、全然偉そうに言えませんが・・(^^;今も風呂上り疲れ切ってて自分のスキンケアで精一杯だし(笑)
でも、やったほうが良いに決まってるし保湿し過ぎて悪いっていうことは絶対ないので是非お子さんの将来の健やかなお肌のために、お母さま方お風呂上り大変ですが小さい頃からのスキンケア、がんばりましょう~ヾ(≧▽≦)ノ

おまけ
1週間終わって土曜日はホッと一息つく時間です。先日買った珍しいストライプ柄のチューリップ、だいぶ花が開いてしまいました。

明日の日曜日はのんびりできそうです、みなさんも良い休日を(*^-^*)

土曜診療

2017.03.11

こんばんは、院長の一宮です(^^)
今朝はいつもより1時間も寝坊してしまい焦りました(^^;
あ、診療には間に合いましたが(^^;

土曜日は毎週朝から混み合います、今日も大変お待たせしました<(_ _)>
スタッフもフル稼働でみんなおつかれさまでした。

今日もお顔の慢性湿疹でお悩みの方が再来で来られたのですが数週間前とは見ちがえるほどきれいになられて、これまでで1番お肌の状態が良いのでもっときれいになりたい欲が出ますと喜ばれていました。セラミド美容液は本当にみなさんに褒められます(^^♪
皮膚科なのでもちろん軟膏や内服などの普通のお薬も出します。お薬の治療とスキンケアとどちらが欠けていてもお顔の治療は難しいので併用することが大切です。

セラミドは使い始めて最初の1週間で角質水分量があがるため潤いを実感します、その後使い続けると数週間で肌のターンオーバーが正常になるためくすみと小じわがとれてきます。私もスタッフも使っていますが本当にその効果にびっくりします。
これはお肌のベースのコンディションを整える美容液です。APSローションは美白と抗酸化作用のあるビタミンⅭ誘導体入りですのでこちらと合わせてご使用いただくとさらに効果的です。

ベースが整ったらさらに積極的にシミを取ったりシワをなくしたりというような治療的効果の高い高機能化粧品のライン、ゼオスキンもあります。目的やお肌の状態でステップアップされるのも良いと思います。ご相談くださいね。

おまけ
頂き物のケーキ(^^♪

美味しいスイーツで幸せなティータイムでした(^^)
朝からバタバタ慌ただしかったですが、3月11日はそんな当たり前の日常に感謝する日ですね。
良い週末を(*^-^*)

赤ら顔について

2017.03.08

こんばんは、院長の一宮です(^^)
今日はまた冬に逆戻りのような寒い1日でしたね((+_+))
本日も沢山ご来院ありがとうございます。
今週はお昼休みに毎日勉強会をと思っているのですが、中々私もスタッフも忙しくて時間が捻出できません。

最近、赤ら顔や、お顔の原因のはっきりわからない赤みや湿疹が何年も続いている患者さんのご相談が多いです。
赤ら顔をきたす疾患はアトピーや酒さなど様々ですが、強い炎症のほとんどは保険診療である程度治療することが可能です。その方に合った内服や軟膏、漢方など組み合わせて処方すると同時に希望される方にはスキンケア指導を行っています。メイクする世代の女性のお顔の難治性の湿疹はメイクやスキンケアを見直すことで治療効果がグンと上がったり、うちにきて治療を始めてこれまでの薬がほとんど要らなくなったという方が多いです。

スキンケア指導を素直に取り入れてくださった患者様は格段にキレイになられます。また、男性でもアトピーでこれまでは高額で副作用のある免疫抑制剤を飲まないと悪化していた方でもスキンケア指導と治療を組み合わせて行うことで内服もステロイドの外用もほとんど要らなくなった方もいらっしゃいます。触りすぎなど含めて基礎化粧、メイク、使い方など是非一度スキンケア指導聞いてみてくださいね。
湿疹などの炎症がなく毛細血管の拡張による赤ら顔にはレーザーを使うこともあります。何を使って治療するかは症状によりますので診察の際にご相談ください。

アトピーや慢性湿疹などでずっと悩んでいた方も赤みや湿疹がおさまって、これまでは諦めていたけど落ち着いてきたからこれからは病気の治療だけでなく、もっと肌をきれいにしたい!と美容の施術やエステに挑戦される方が増えてきています。

私は医師になって15年くらいですが半分は皮膚科医、半分は美容皮膚科医をやってきました。その両方の経験をいかして皮膚科と美容皮膚科を繋ぐ架け橋のような存在でありたいという願いからこのクリニックを作りました。
皮膚科で皮膚病を治すだけではなくて、美容皮膚科でさらにキレイなお肌になって毎日をキラキラ輝かせる、そんなお手伝いが少しづつですが出来ていることをうれしく思います(^^)

明日は午後に杵築のスタッフと当院スタッフと合同研修を行います。診療は木曜日午後は休診ですのでよろしくお願いします<(_ _)>

おまけ

駅ビルでよるごはんでした(^^♪

ここから帰ってまたスイーツ食べました(^^;

保湿のホント☆

2017.02.27

こんばんは、院長の一宮です(^^)
最近、一週間があっという間です!
週末の食べ過ぎ、飲み過ぎでゆうべは胃腸の具合が悪く、もう無理してはいけない歳だと反省しました(^^;

当院オリジナルセラミド美容液、APSローションともにとても好評で、スタッフが頑張って毎日作っていますが製造が追いつかないくらいの状態です。防腐剤や酸化防止剤など一切入っていない作り立てを毎日お渡ししておりますので安心してご使用いただけます。期限内にご使用くださいね。
今日も、セラミド美容液を使い始めて肌荒れしなくなった、小じわが消えたと嬉しいお言葉を頂きました。私自身、セラミドをスキンケアに取り入れるようになって、”肌が潤うってこういうことなんだ!”という実感があります。

前回のスキンケアのお話しの続き、基礎化粧についてを・・
診察の時に普段のスキンケアをお尋ねするとほとんどの方が洗顔後に化粧水・乳液です。
冬場だから乾燥対策しないと・・と化粧水や乳液たっぷり塗ってるから保湿できてます!と思われている方が多いです。

・・そもそも保湿ってなんでしょうか?肌の表面がしっとりしていること?ヌルっとしていること?
皮膚科医の答えは角質の水分量をあげてそれを維持できている状態のことです。

化粧水のほとんどの成分は水分ですので、それだけ入れてもすぐに蒸発してしまい保湿にはなりません。角質の中で水分をサンドイッチのようにはさんで維持するセラミドが必要です。化粧水で是非取り入れてほしい有効成分はビタミンⅭです。ビタミンCは水溶性なので化粧水との相性が良いからです。しかしビタミンⅭはそのままでは安定性が悪く、入れてもほとんど機能しません。これを誘導体にして肌の奥に届いてしっかり力を発揮する形にしたものが良いです。当院のオリジナルAPSローションがこれです。

では保湿は?乳液でしょうか?
残念ながら一般的に販売されている乳液のほとんどは油分で出来ているものが多く、塗ったときは潤った感じがしますが、表面に油分をいくら塗っても角質水分量があがらないため保湿にはなりません。保湿にはやはりセラミドです。その他、ヒアルロン酸、アミノ酸なども同様に水分を保持する機能があります。セラミドは水溶性でないので化粧水よりは美容液に入っていることが多いです。当院のセラミド美容液にはヒアルロン酸も入っておりますので保湿、保水の効果が高いです。

化粧水・乳液のスキンケアを信じて続けて来られた方はいまだに美容液を取り入れない方が多いですが、乾燥やアトピー、湿疹、赤みなどの肌トラブルの方、また加齢とともにセラミドは減ってくるものですので、アンチエイジングされたい方には化粧水・乳液2本使うよりもセラミド入り美容液1本の方がよほど保湿になります。
保湿が上手に出来てくると、肌のターンオーバーが正常になりくすみがとれて肌質が明るく、乾燥や小じわがなくなり潤ったみずみずしいお肌になります。

毎日、最低2回はするスキンケア、正しいものを正しく使う、いつまでも美しくてみずみずしいお肌を保つためにも是非セラミド取り入れてみてくださいね(^^♪

おまけ

きのう家族で行った老舗の洋食屋さん。ずいぶん昔、もう20年以上前ですが(^^;まだ私が中学生だったころに塾の帰りに父が頑張ったご褒美によく連れて行ってくれていた懐かしい思い出のお店です。

変わらぬ味と雰囲気にほっこりしました。

明日28日(火)の午後診療は子供の行事参加のため、午後3時半~となります。ご迷惑おかけして申し訳ありませんがご了承ください<(_ _)>
エステは通常通り行いますのでご利用ください。

アトピー性皮膚炎でも美肌に☆

2017.02.20

こんばんは、院長の一宮です(^^)
今日は雨の月曜日、寒い1日でしたね。

診療も今日はゆっくりスタートな月曜日でした。

さて、今日はアトピー性皮膚炎のことについて書きたいと思います。
アトピーは誰もがご存知の皮膚疾患ですが小さい頃からあるいは大人になってから突然という方様々です。
私も小さい頃はアトピーがひどく顔に出ていて悩んだものです。
1番ストレスなのはかゆくて日常生活に支障をきたすこともですが、顔に慢性的に湿疹が続いて赤かったりごわごわしたりという”見た目”のお悩みかと思います。ひどくなると、外出するのがおっくうになったり学校に行けなくなったり、鬱状態になる方もいます。
皮膚の角質は一番外側で外的刺激から皮膚を守るバリア機能の役割があり、それを担っているものの一つがセラミドという細胞間脂質で水分をぎゅっとサンドイッチのように挟み込むんで角質の水分量を維持しています。アトピーの患者さんではこのセラミドの合成障害があることがわかっています。
炎症を抑える軟膏やかゆみを抑える内服をすることももちろん必要ですし、この足りないセラミドを補うスキンケアをすることも、お肌のベースを整える意味で非常に重要です。薬塗っている間はよくなるけど、またすぐぶり返すという患者さんがほとんどで、アトピーは完治は難しいですがセラミドを補い、肌を整えることでステロイドの使用量を減らし皮膚が正常にターンオーバーするようになり炎症を抑えるだけでなくお肌がきれいになります。

当院では、セラミドを補うスキンケア指導、やり方、様々な角度からアプローチしてアトピーの方でも美肌を諦めないでほしいという願いで治療の提案を行っております。見ちがえるほどお肌が柔らかくなって赤みがなくなりきれいになられる方が多いですよ(^^♪
詳しくは受診の際にお話しさせていただきますのでお気軽にご来院ください(^^)

おまけ

一宮家の食卓(^^♪
常備菜で夜ご飯。野菜盛りだくさんな夕食。

明日は晴れるかな~雨にも負けず、今週も元気にがんばりましょう(^^♪

カテゴリー|