いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の勉強会

2019.04.15

こんにちはナースの吉井です(*^^)v

先日は、雨影が強くて少し寒かったですね
4月なのに雪が降っている地域もあったりと...気温の変化に着る服に困ってしまいます。
これで桜も散りますよね、、、
今度の日曜日に花見に行く予定でなんす。。どこか咲いているところ探してみます(*_*;
春は、いろんなお花が今からたくさん咲くので楽しみです。

昨日、アトピー性皮膚炎の外用治療薬の勉強会がありました。
プロトピック軟膏(タクロリムス軟膏)について、リアクティブ療法とプロアクティブ療法、ガイドラインの改正、保湿の必要性など改めて認識出来ました。
アトピー性皮膚炎で悩まれている方も多いと思います。
先生もブログで何度か取り上げていますが、ステロイドの外用治療を懸念されている方も多くネットなどの間違った情報も信じてしまう方もいます。
長期間の飲み薬を服用された場合、全身的な副作用の問題もありますが、塗り薬については皮膚からの吸収される量は少ない為、適切に使用する分には副作用は起こりにくいお薬です。
また、プロトピック軟膏は、ステロイドとは全く違う働き方でアトピー性皮膚炎の炎症や免疫反応を抑えます。そのため長期間の使用での副作用は起こりません。

アトピー性皮膚炎の外用治療は、症状が出たときに治療するリアクティブ療法と症状の出る前から予防的に治療するプロアクティブ療法があります。
再発の多いアトピー性皮膚炎の方はリアクティブ療法でうまくコントロールしにくい為、症状がないときでも目に見えない炎症が皮膚の中で起こっているのでプロアクティブ療法を推奨しています。
症状が重度の時は、ステロイドとプロトピック軟膏を十分な範囲にしっかりと塗る必要があります。
フィンガーチップユニット(FTU)に従っての使用量で治療を開始し、痒みや赤みなど症状が軽快してきたら隔日外用から外用量や頻度をゆっくり減らし継続します。
ステロイドやプロトピック軟膏を塗らない日でも保湿剤はしっかりと毎日継続します。

保湿はアトピー性皮膚炎の方はかなり重要です!
ヒルドイドの保湿剤にも種類があります。塗布量の目安がありますので必要量をしっかり塗布しましょう。
0.5gで成人手のひら2枚分の面積に塗れます。
ソフト軟膏・クリームチューブ = 成人人差し指先端から第一関節くらいに押し出した量
フォームは、キャップ大で薬1gなので手のひら2枚分になります。
塗るときは、強く塗り込ない様にないように優しく押し当ててください。

いちみやクリニックでは、治療とそのサポートをするスキンケア指導もしっかり行っています。
不安や質問などんな小さなお肌のお悩みことでもお気軽にお声掛けください。

それではまた(@^^)/~~~

カテゴリー|

楽しむ

2019.04.11

こんばんは、一宮です(^^)

4月に入ったのに寒い日が続いてますね~。早く暖かい春になってほしいです。

春休みの慌ただしさが少し落ち着いてきたようで今日はゆっくりな診療でした。
午後は休診で、新しく導入する予約システムの説明会でした。美容の再来の方専用の予約システムです。
運用が始まれば診療時間外でも24時間ネット予約が可能となります。

今日もここに来てから本当に変わったわ~って喜ばれたり、シミがきれいに取れたからみんなに宣伝してますよ~っとかうれしいお言葉がたくさん聞けた診療でした。美容は医療ですが病気の人を治すのでなくお肌の悩みを解消して人生を明るく輝かせる幸せな仕事です。いつも院内にはスタッフと患者様の笑顔があふれてます✨

しっかり効果を出す治療は、ゼオの皮剥け、レーザーの痛みなど少々のつらさを伴うものですが、先日の診療でゼオのツライ皮剥けも剥けるたびにキレイになるから楽しいです!っておっしゃる患者様がいらしたり、またレーザーの多少の痛みもシミがなくなると思うと嬉しいと、治療を楽しんでいらっしゃる方もいます。
楽しむってとても大事で不思議なことにツライ痛いと思って受ける治療よりも楽しい、嬉しいって思って受ける治療の方が効きます。
当院に来るのが楽しみです!っておっしゃってくださる患者様はみなさんキレイになられています✨
仕事もそうですが、何でも楽しむって大事ですね。

きのうはお昼休みにマルホさんがアトピー性皮膚炎の外用についての勉強会を開催してくださいました。

外用剤変更のタイミングや塗り方、プロアクティブ療法について知りたい情報がたくさんでした。

今年はアトピーの外用指導も勉強してより良い治療を提供できるよう努めてまいります。
マルホさんいつもありがとうございます。

GWは4月28日~5月6日まで休診となります。
6月29日(土)は臨時休診となります。
明日もご予約沢山ありがとうございます、お待ちしております<(_ _)>

カテゴリー|

第1回大分スキンケアフォーラム☆アトピー性皮膚炎

2018.03.31

こんばんは、一宮です(^^)

今日の夜は大分スキンケアフォーラムがありアトピー性皮膚炎についての勉強をしてきました。
大分の皮膚科と小児科のドクター、薬剤師、看護師が集まりました。

4人の演者の先生の発表と、波多野教授の特別講演があり、どの先生のお話しもとても日常診療に役立つ身近なお話しでした。
普通はお肌は弱酸性ですが、バリア機能が低下すると肌のpHは上がること、保湿を使ったスキンケアでアトピーの3割が予防できること、生後6か月までの治療がその後の食物アレルギーの予後にも影響すること、プロアクティブ療法はランクダウンしたステロイドを塗るのではなく効果のあった薬を間隔をあけて使うこと、皮疹が良くなった部分にも塗り続けること、プロトピックは目に入っても大丈夫なので眼瞼周囲の皮疹がひどい人などには良いそうです。ステロイドの注意点として眼圧亢進がありますが顔面のステロイドを月に5g以下だとリスクは少ないそうですが、ステロイドレスポンダーは30~40%くらいなのでやはり注意は必要です。私自身、過去にステロイドで眼圧が上がって緑内障になった経験があり目の周りのステロイド外用は気にしてます。
生後1週間から保湿剤を使用するとよいそうですよ、早めの保湿でバリア機能を高めてアレルギーを予防しましょう!

最後の波多野教授の、アトピー治療の目標はステロイドを使わなくなることではないです、患者さんが普通に日常生活を送れて、普通に人生を楽しむ、それが治療の目標です。というお話しがとても心に残りました。今のところ残念ながらアトピーは完治する病気ではありません、ステロイドは日々体内の副腎で作られているもので誰の体にもあるものです、毒ではありませんのでむやみに怖がらずに上手にステロイドを使って人生を楽しみましょう!

おまけ
久しぶりに息子と2人で買い物に・・

ランチ行こうと誘っても最近はラーメン屋さんしか行ってくれないです( ;∀;)
でもスイーツは珍しく付き合ってくれました~(^^♪

みなさま、良い週末を(^^)/

カテゴリー|

アトピー性皮膚炎について☆

2018.02.21

こんばんは、一宮です(^^)

週の中日、沢山ご来院ありがとうございました。

今日はアトピー性皮膚炎について思うところがあったので久々にこの話題について書きます。
以前のステロイドについてのブログも良かったら読んでください↓↓

ステロイド外用薬について

ブログのアトピー性皮膚炎のカテゴリに患者様の症例写真もありますのでご覧ください。
重症度は人それぞれ、新しいお薬の開発も進んでいるようですが、ご存知の通り完治は今のところ見込めない病気です。治そうとするよりも上手く付き合う病気です。

ステロイドについてネットで検索すると色々な情報が出てきます。
副作用もないとは言えません。が、、皮膚科医は出来るだけ少ない副作用で、最大の効果を考えて適切な薬を処方しています。
ステロイドを使わないと著しくアトピーが重症化して、特に顔や首など見える部位だと患者さんにとって大きなストレスになり日常生活もままならないという状況になるのは特に若い世代の子にとってはとても苦しいものです。
上手に使えば怖い薬ではないです。悪い時期はステロイド、寛解期にはプロトピック軟膏で維持する、プロアクティブ療法が標準治療です。
QOL向上のために皮膚科医のすすめるお薬は是非使ってみてください。若い輝く時期をステロイドを使いたくないからという理由で台無しにして欲しくないです。
セラミドも併用しながら、出来るだけステロイド外用量を減らしていける工夫をして、患者さんの笑顔が戻りますように・・と考えながら治療をしています。

おまけ
スニーカーは、スピングルニーマを愛用中です♡古くなったら同じモデルを買い替え続けてます。

シンプルで軽くて柔らか~い、足が全然疲れないし。一度履いたら他のスニーカー履けません!

明日は木曜で午後休診です<(_ _)>

カテゴリー|

患者さま症例写真☆アトピー性皮膚炎

2017.11.30

こんばんは、一宮です(^^)

今日も半日でしたがバタバタと慌ただしい診療でした。
忙しかった11月も終わり、ほっと一息、来月に県外の女医会での講演を控えているので、その準備をまたもうひと踏ん張り。
それが終わったらここ最近の忙しさもようやくひと段落しそうです。
日々の診療は年末までノンストップな予感ですが。

さて、今日はアトピー性皮膚炎の患者さまの症例写真をご紹介します。
ブログ掲載ご快諾ありがとうございます。

20代、男性です。小さい頃からアトピーで就職してからのここ5年間で悪化したとのことでした。
初診時は県外から転勤されてきたばかりで、前医の大学病院では、ネオーラルという免疫抑制剤を内服していないと炎症がおさまらない状態で、手強そうな湿疹だなあという印象でした。


1枚目が初診時、2枚目が治療後です。

アトピーの方に足りていないセラミドをご提案、スキンケアを見直していただいて、LED治療も並行して行いました

みるみる炎症が引いて、ネオーラルもステロイドの外用も要らなくなりました。現在はプロトピック軟膏を外用するだけで良い状態を維持できています。

正面1枚目が治療前

治療開始3か月後

定期的に真面目に通院してくれました。赤みや炎症が引いてお顔全体がすっきりしています。
セラミドやっぱりすごいです。お顔の慢性的な湿疹は女性のみならず男性でも大きなストレスになるもの、肌がきれいになると本当に印象が違ってみえます。
お化粧しない男性はすっぴん勝負なのでごまかしがきかないですよね、男子も美肌になると清潔感アップです✨

おまけ
いつもお世話になっている方から✨

ありがとうございます(*^-^*)

息子の塾弁(*^-^*)
いつもは残り物カレー弁当が多いですが(^-^;常備菜がある時は昼休みにパパっと詰めこんで完成。

もうすぐ6年生になる次男。来年は受験生かあ・・"(-""-)"

12月の臨時休診のお知らせ
12月13日 午後 休診 (午前は通常診療)
12月14日    休診

年末年始は12月31日~1月8日まで9日間、休診となります。
ご迷惑おかけしますがよろしくお願い致します<(_ _)>

セラミドの底力☆

2017.10.05

こんばんは、一宮です(^^)

すっかり寒くなりましたね~。うっかり半袖で外に出ると寒い(≧◇≦)

ずっと通ってくださっている患者さまでもまだこのブログを知らない方もいらして最近待合室で周知の案内を出したせいか、ブログやってたんですね~って言われることも。お暇なときに読んで頂くとうれしいです(^^♪

私のゼオのホラー顔はかなり衝撃だったみたいで、ゼオ気になるけどあんなになるのがコワい( ;∀;)っておっしゃる方も。やっぱり思い切り過ぎましたかね(笑)でもあれマックスで3倍量で塗っての反応なのでふつうに使ってもあんなことにはなりませんのでご安心を~(笑)
ホラーな顔が気になる方はブログのゼオスキンのカテゴリで検索してみてください(笑)

さて、木曜日で午後休診でしたがやはり残って研修を、ナースはレーザーや高周波機器などの照射の仕方を。日々より効果的にあてる方法を探りながら研鑚を積んで結果を出す治療を確実にお届けできるよう努めています。

でやっと本題です。
本日は、セラミドでキレイになられた患者さまをご紹介します。ブログ掲載許可ありがとうございます。
長年アトピー性皮膚炎でお悩みの方でした。初診時は顔全体に紅斑で赤み、炎症が強い状態でした。
スキンケアを見直していただいて、外用薬と並行してセラミドを使った治療を開始。

少しづつ良くなってきたのですが当院のセラミドをずっと使ってくださり炎症が再発することがほとんどなくなり肌質もキレイ✨に変わってます。


現在お顔はステロイドは使わない治療が継続できています。保険診療のみです。
体はもともとのアトピーの湿疹がまだ続いているのでステロイドが必要ですが、お顔がキレイになると笑顔が戻って患者さまの日々の暮らしが明るくなる、そういうお手伝いができることを皮膚科医として本当にうれしく思います(*^_^*)

アトピーや美容治療でもそうですが、セラミドの力はすごいな~って日々感じています。
私も毎日使っていますが継続して使うと本当に底力のようなすごい効果を感じる美容液です。もともと人間の肌にある成分なので本来の肌代謝に戻るっていう感じでしょうか。
アンチエイジングでも、くすみが取れて透明感が出るしレーザーとの併用も効果が高いです。

おまけ
息子と駅ビルふたりごはん。最近、ちゃんとした料理作る時間がなく~(^-^;自分のみそ汁がちょっと恋しい(笑)

お知らせにもアップしましたが、下記日程で11月、12月臨時休診となります。
また、お正月少し長い休暇を頂きます。
ご迷惑おかけしますがご理解のほどよろしくお願い致します<(_ _)>

臨時休診
11月25日(土)
12月13日(水)午後
12月14日(木)

年末・年始は
12月31日~1月8日まで9日間、休診となります。

梅雨のアレルギーについて

2017.06.19

こんにちは!ナースの吉井です(*^^)v

6月ももう半ば・・・。
年始におみくじや雑誌の占いで私の今年の運勢は「十数年に一度の幸運が訪れる」と
書いてあったのを思い出しました。気付けば一年の半分が過ぎているではありませんか(゚д゚)!
この半年の間に幸運を見落としたのか?はたまた、これから何かが起こるのか?一人で焦ってしまいました(;^_^A
ですがこの平凡な生活が一番幸せなのかもしれませんね。

ところで、最近くしゃみや鼻水、鼻づまり、痒み、咳などの花粉症に似た症状または、風邪に似た症状が出ている方はいませんか?
私はくしゃみ、鼻水がよく出ます(+_+)

その症状もしかしたらアレルギーかもしれません。

梅雨の高温多湿の時期に繁殖するカビやダニによってアレルギーが引き起こされたり鼻炎や結膜炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎の悪化などの原因になることがあります。

アレルギー反応は異物を体の中に入れないように鼻水やくしゃみとして放出したり、吸い込んで肺の中に入ってこないように咳で出し表れます。寝具や枕、ぬいぐるみなどで繁殖し皮膚に接触することで痒みや湿疹、アトピー性皮膚炎を悪化させることもあります。

アレルギーであるかどうかは血液検査が有用な場合があります。
勿論、当クリニックでも血液検査は行っております。
検査したほうが良いかどうかは症状などによりますので診察の際に医師から説明させていただきます。

その後は処方薬で症状を抑え、原因となるものを取り除いて頂きます。

参考までに、ペットによるアレルギーであれば室内に入れない事が求められますが無理であれば最低限カーペットや畳をやめてフローリングの床で清潔に飼育されるのもお勧めです。
カビはエアコンのフィルターや浴室の石鹸カス、洗面所やバスマット、壁に密着した家具が特にカビの温床になります。こまめな掃除を心掛けましょう。

ダニは25~30℃、湿度60~85%が繁殖しやすく50℃20分以上で死滅します。
お布団を天日干ししても残念ながらダニは死滅しません。布団乾燥機がお勧めです。乾燥後は掃除機でダニの死骸を吸い取りましょう。その他、じゅうたんや布製ソファー、ぬいぐるみなどスチームアイロンも効果的です。最近はカビやダニの対処商品も良い物があるようです。ご家庭に合ったものをご使用くださいね。

アレルギーによる皮膚炎はお薬と併用して毎日のスキンケアも重要になります。
当クリニックでは診察と一緒にスキンケア指導も無料で行っておりますのでお気軽に声をお掛け下さい(^-^)

アレルギーに負けず快適な梅雨を過ごしましょう♪

ステロイド外用薬について

2017.05.18

こんばんは、一宮です(^^)

先週に比べると今週はのんびりした診療でちょっと一息です。

皮膚科医としては避けては通れないステロイドについて今日は書きたいと思います。
皮膚科医の永遠のテーマと思ってますが・・誤った知識でステロイドを過剰に怖がる患者さまがいらっしゃいます。
それぞれのお考えなので一概にダメとも言えませんが、皮膚科医はステロイドを症状の程度によって使い分けて最小限の副作用で最大限の効果が出るように工夫して処方しています。ステロイドで症状がおさまればタクロリムスなどの免疫抑制剤に切り替える維持療法を行っています。

炎症や痒みが強いときにステロイドはとてもよく効く良いお薬です。
ステロイド内服と塗り薬のステロイドの副作用を混同されて、ステロイドを塗ると体の内臓にも副作用があるから使いたくない、ステロイドを使うと皮膚が黒くなるから使いたくない、ステロイドを使うとやめたらひどくなるなどと思い込んでいる方もいます。

これらはすべて間違いです。

私が研修医の時、アトピーの権威の当時の助教授外来についていました。その先生がよく患者さんに説明していたのは、ステロイドの外用で内臓に副作用が出るには最強クラスのステロイドを1日に40グラム塗り続けないといけないということでした。最強クラスのステロイドを処方することは私は滅多にありませんし、1日40グラムって小さいチューブ8本分です。それを塗り続けるってふつうにはあり得ないことです。

ステロイドを使うと皮膚が黒くなる?これはお薬のせいではなく、炎症が続いていることによって炎症後の色素沈着をきたすため皮膚が黒くなることがあります。ですので、お薬のせいではありません。レーザー後色素沈着でレーザー後にしばらく皮膚がメラニンを作る時期がありますが、ステロイド塗っていなくても強い刺激を与えると皮膚は体を守ろうとしてメラニンを作ってしまうのです。

ステロイドをやめたらひどくなる、これは中途半端に使う方が多いためだと思われます。少しよくなるとこわいからと言って外用をやめる、するとまた増悪する、炎症が長引く・・の悪循環です。最終的に長引いてステロイド内服せざるを得なかったり、ひどい場合には感染症のリスクもあります。

ステロイドを使うと局所の副作用は確かにあります。使う量や部位、期間にもよりますが長く使うと皮膚が薄くなって血管が透けて見えてきたりします。でもステロイドを使わないで炎症が続くと苔癬化と言って皮膚が象の皮膚のように厚くなります。先ほどの助教授はご自身もアトピーで自分は長年ステロイドを使ってきて顔の皮膚が薄くて赤い顔になった、けど使わなったら象みたいに分厚い皮膚になっていただろうとおっしゃいました。どちらの人生がいいか?究極の選択?決めるのは患者さんです、正しい情報とその患者さんにとって最善の治療を提案するのが皮膚科医の役割だと思っています。

ちなみに、小さい頃からアトピー持ちの私も、30年以上、顔と手にステロイドを塗り続けています。セラミドを使い始めて以前より量は減りましたがいまだに口の周りや目の周りなどは荒れやすいのでステロイドが完全にきれることはないです。手は少し皮膚が薄い感じはしますが顔は副作用はほとんど出ていません。
ステロイドのおかげで肌荒れも長引かないし、お肌のQOLはステロイドのおかげで保たれています。

おまけ

差し入れで頂いた美味しいパンでおひるごはん(^^)

旬のソラマメも頂きました。スタッフみんなで分けていただきました。

ありがとうございます(*^-^*)

週の後半がんばりましょう(^^)/

迷走中・・☆

2017.04.28

こんばんは、一宮です(^^)

連休前の金曜日、沢山ご来院ありがとうございました。診療がだいぶ長引いてしまいました。
スタッフみんな遅くまでおつかれさまでした(^^)
私も明日から2日間ゆっくり休みたいと思います。

女性の患者さんで、お肌にトラブルをかかえていらっしゃる方、多いお悩みがどの化粧品を使っていいのかわからない、何を使ってもかぶれる、こんな状態でお化粧していいの?などなど、色々と化粧品を変えては迷走中っていう方が案外多いです。使っているお化粧品を全部持ってご相談に来られる方もいらっしゃいます。
皮膚科に行ったら湿疹があるときはお化粧したらダメと言われたとかよく聞きますし私も昔勤務医時代はそういう光景を目にしたことがあります。炎症が強くてメイクすると返って浮くという場合は仕方ないかもしれませんが、毎日メイクしている女性にお化粧ダメってそれはツライですよねー。お仕事されている方などはお化粧しないわけにはいかないっていう方も多いです。
ですので、お肌の調子が悪いときでも出来るだけ悪化させないようにするメイクをご提案しています。どういうものをどう使うかでトラブル肌でも負担のないメイクをすることは可能です。

スタッフがスキンケア指導の記録に”ファンデ難民”という言葉を書いていて最初は意味がわからなかったけど、化粧品など色々使って迷走中のことをそう呼ぶそうです。私もその昔は化粧品を次々と変えてよりカバー力が高い、よりきれいに見える、などの理由でリキッドファンデを塗りその上からパウダーをのせて仕上げのパウダーをのせるというこってりコテコテ厚化粧をして元々老け顔なのに、益々老けて見えるメイクをしていました(^^;
リキッドファンデは水分が入るので防腐剤が、固形ファンデは油分で固めますので酸化防止剤が入っています。落とすのはもちろん界面活性剤入りのクレンジング必須だし昔の私はアトピー肌でひどい乾燥と間違ったこすりまくるケアで角質もゴワゴワ、ADMのシミや加齢性のシミまでてんこ盛りという悲惨な状態でした。なので、お顔中シミという方が来られても昔の私の顔に比べたらこのくらいは時間かかっても絶対治せると自信を持って治療を提案出来ます。ルビーレーザーでシミを1度に100個くらい照射したこともあります。色んな治療を経験してアトピーもシミも今は顔にはほとんど出来なくなりました。

おまけ
モミジの新緑。

明日は祝日のため休診です<(_ _)>
みなさん、良い連休を(*^-^*)

スキンケアで治す

2017.03.29

こんばんは、一宮です(^^)

今日もご来院ありがとうございます。午後はレーザー等が多くお待たせしました。初診でブログ読んで来てくださる方が多いです(^^♪
春休みも佳境ですね~進学や就職で県外などに行かれる方は新生活、お引越し準備などでお忙しい時期でしょうか。

診察やレーザーのたびに、早くきれいになって欲しいので、こすらないようにとか、紫外線気を付けてくださいっとかついついしつこく言ってしまうのですが、
先日、常連の患者さまが、1回聞いてもピンとこないけど何度も診察やブログ言われると頭に入りますよ~って優しいお言葉をかけてくださいました(^^)
スキンケアのことは診察のたび、またこのブログで何度も再放送ありますがお許しください、笑。

にきび、アトピー、接触性皮膚炎、保険診療の患者さんでも圧倒的にお顔の診察が多いです。薬で治す、漢方で治す、同じ皮膚の症状に対しても治療のやり方は様々です。
当院は、”スキンケアで治す”です。もちろん、皮膚科のクリニックですのでお薬も使いますし美容の機器を使うこともあります。
最初は特にお薬の力が必要な方がほとんどですし、基本的にはずっと使うことが多いですがスキンケアが上手くいくと薬の量が減る方が多いです。特に女性はメイク、スキンケア習慣がお顔の症状と密接に関係しています。
お顔の症状の場合、朝起きてメイクするまで、夜メイクを落として寝るまでの間にどういうスキンケアをしているかが非常に大切です。
朝起きて洗顔、化粧水、乳液、下地、ファンデ、仕上げ、これだけでおそらく数十回は顔をこすります。夜はこれにクレンジングやらパック、クリームなどが入ります。数えると女性って本当に1日に最低でも100回くらいは顔を触っているんじゃないかと思います。この100回をこするのか、柔らかく触るのかでお肌は変わります。

当院では、こすらない、つけすぎない、落としすぎない、遮光、保湿の5原則のスキンケア習慣を提案しています。詳しくはスキンケア指導でスタッフからお話しさせていただきます(^^)

なんだか毎日同じようなブログになってしまいますね・・(^^;
家族に呆れられるほど毎日お肌のことばかり考えて暮らしている私です。。

おまけ

先日行った湯布院の和食・・。宝石箱のようなステキなランチでした(*^-^*)

明日は木曜日で午後は休診です<(_ _)>

1 / 212