いちみや皮フ科クリニック スタッフブログ

患者様症例写真

ZOスキン その後

2017.05.31

小野です(*^▽^*)

ZOスキンのセラピューティックプログラムを始めて早1週間。

口周りの角質がかなり剥離してきましたΣ(・ω・ノ)ノ!

全体的に古い角質が張り付いているせいか突っ張った感じと常に顔の深部がざわざわしているような感覚がありバラトーンという最初に塗布するローションがかなりしみます。

普段、私はミネラルファンデーションを使っているのですが素顔は若干の赤みと起き立ちは少し腫れもありました。

この日中続くジカジカした感じが新陳代謝がずっと行われている証拠でZOの特徴なんでしょうね。私たちが24時間休むことなく肌に刺激を与え続け細胞分裂を促すことは出来ませんからZOはやはり凄いです(+o+)
基礎代謝も上がっているのかいつもより体温も高い気がしました。

そんなZOの中でもお勧めの商品の一つデイリーPD。
本日はこのデイリーPDについて。

私が行なっているセラピューティックプログラムの製品としてのみではなく一般的な化粧品として使用することも可能でデイリーPDのみ使用されている方も多くおられます。(弘子先生も愛用のお気に入りアイテムなんですよ♡)

■ デイリーPD 製品の特徴
デイリーPDに含まれるレチノールはリポソーム化され、水分と油分になじむ膜で包まれ 肌へ浸透しやすく、 長時間にわたって効果を発揮します。

デイリーPDの大切な成分のひとつは、 酸化ダメージを抑えるビタミンE (ビタミンCも重要と言われますがより抗酸化力が高いビタミンEを使用しています) です。カプセル化した「ビタミンE」が酸化ダメージから肌を保護します。

また外気の刺激や乾燥から守るため「セラミド6」によって肌を保護し潤いを満たすことで肌のトラブルを未然に防ぐ力をサポートします。

そしてデイリーPD最大の魅力である肌の酸化と紫外線ダメージを軽減し回復させるロキシソームやウルトラソームなどの高い技術。
デイリーPDは特徴ある成分を含むだけでなく、その成分の良さをさらに引出す新技術が取り入れられているのです。

これらロキシソームとウルトラソーム名前からして強そうですが、なんとDNAレベルでお肌のダメージ軽減をサポートする驚きの成分なんです!

分かりやすくいうと紫外線や、日々の様々なストレスによって、細胞DNAは損傷を受けてしまい、それが、シワ・たるみや、シミなど老化という現象になって現れます。
そのDNAの損傷を効率よく修復できる救世主であるのがロキシソームとウルトラソームなんです。

デイリーPDを継続して使い続けることによって、その良さを益々実感していくことと思います。

なお、デイリーPDはレーザーの施術3日前には使用を停止して頂きますのでご要望の方は注意されてくださいね(^_-)

ではではー
またZOの経過&製品案内をさせて頂きますね~!(^^)!

ZOスキン セラピューティック開始

2017.05.26

こんにちは、エステティシャンの小野です(*^▽^*)

遂にわたくし、当院スタッフの憧れ「ZOスキン」のセラピューティックプログラムを開始することになりました)^o^(

『ゼオスキン』とは、世界で名声のある皮膚科医Drオバジによって開発された、美しく健やかな肌を継続的に手に入れるためのスキンケアプログラムです!
ダメージを受けた肌を、細胞レベルから美しく健康な肌へ導くスキンケア製品で当院でも取り扱っているワンランク上の化粧品ラインになります。

何度か先生がブログで紹介して下さったのをご覧になった方もおられると思います☆

当院では剥離をさせない(ダウンタイムなし)のマイルドな治療と、しっかり剥離をさせてきれいにする治療と2種類あり私は後者のセラピューティックプログラムを12~18週にかけて行うコースを開始しました。

使用する化粧品は以下の通り↓↓↓


バラトーン


ミラミン


ミラミックス


デイリーPD

ちなみにミラミックスはトレチノインと混ぜて使用します。

恥ずかしながら私のド・すっぴんなんですがご覧の通り両眼の下に肝斑と頬にはそばかすがあります。

余談ですが、この写真を見た時ルミガンによってまつ毛がこんなにも伸びてた事の方がビックリでした(゚д゚)!(笑)

さて、化粧品を塗布した感想は少しだけピリッとしたのと外資系化粧品の独特な香り。

次の日、早速口周りが剥離してきました。

この剥離や赤みの出方、腫れ具合は個人差があるそうです。

私の顔が今後どう変化していくのか経過はおって報告致しますのでお楽しみに~(*^^*)

また、クリニックでも実物を見に来てくださいね~(^O^)/

患者さま症例

2017.05.19

こんばんは、一宮です(^^)

今日も夏みたいな陽気でしたね~(^^♪
午後はバタバタ忙しかったです、ご来院ありがとうございます。

今日はスキンケアと外用治療できれいになられた患者さまの症例写真をご紹介します。ブログ掲載ご快諾いただきありがとうございます。

2か月前に初診された時はお顔の痒みを伴う皮疹が口のまわりから頬にありました。お顔全体に赤みと乾燥、慢性的な炎症でお肌が傷んでいる所見がありスキンケアの見直しが必要と考えました。ご自身も基礎化粧が原因かもと、使っていらっしゃる化粧品をすべて持参されてご相談にいらっしゃいました。
基礎化粧とメイクの見直しと保険診療の軟膏治療から開始しました。

当院の院内ローションを中心にスキンケアを変えていただき、皮疹やかゆみはおさまりました。
皮疹がおさまったら、シワが気になるとのことで治療を希望され、トレチノインを開始しました。シミも気になるとのことでハイドロキノンも追加しています。

左が初診時、右が2か月後です。お肌のテクスチャー改善、毛穴、小じわなど全体が改善しています。

ほうれい線やマリオネットも、特別なタルミの治療はしていませんが、正しいスキンケアと外用治療だけでここまで改善します。日々のスキンケアがいかに重要かわかります。当院を信用してくださって、おすすめのスキンケアを素直に取り入れてくださり、真面目にマメに通ってくださっている方です。お会いするたびにどんどん若返られてこちらもびっくりします。

お顔の慢性的に続く皮疹は基礎化粧やメイクなどが原因のこともあります。日々のスキンケアを見直すことはとても重要です。

おまけ
常備菜(*^-^*)

スタッフにもらったダシダ、野菜の和えものなど常備菜になんでも混ぜるだけで美味しくなりました(^^♪

明日は土曜日です、今週もあと1日がんばりましょう(^^)/

シミ取りレーザー男性編

2017.04.08

こんにちは、一宮です(^^)
今日は怒涛の土曜外来、大変お待たせしました<(_ _)>
初診で来られた方が混み具合にびっくりされていましたが、みなさん穏やかに気長にお待ち頂いてありがとうございます<(_ _)>
順番取りしてから外出できます、スマホで順番と待ち時間を外出先から確認できますので受付スタッフにお申し付けください。

今日はシミ取り治療の実際のお写真をご紹介させていただきます。

シミ取りルビーレーザー体験談を以前スタッフがわかりやすくブログにあげてくれたのでそちらも参照されてくださいね↓↓

シミ取りルビーレーザー☆

さて、今日は男性のシミ取りレーザーのご紹介です。
1枚目がビフォーです、2枚目がレーザー照射直後の白色変化です。レーザー痛いですか?とよく質問されますが、輪ゴムでパチパチはじかれる程度です。輪ゴムで顔はじかれたことなんかないから分からんわーって思うかもしれませんが、笑。痛みが苦手な方、不安な方は塗る麻酔もありますのでお申し付けください。

・・そして、2週間は黒いカサブタが出来ます。それが剥がれて、人によりますがその後数か月、赤みや色素沈着が出ます。レーザーしても茶色くなるので、不安と不信感がつのりガッカリする時期(^^;けど、これを乗り切ると気づいたら消えてた~ってことになります。色素沈着は2、3か月で消える人が多いですが、半年くらい、それ以上続く方もいますが必ず薄くなります。紫外線対策とこすらないことが大切です。

もう一度・・写真でビフォーアフター↓

1枚目⇒ 照射前、こめかみと頬に2か所目立つシミがあります。
2枚目⇒レーザー後1か月これからもっと濃い色素沈着が出てシミが茶色く復活したような時期が半年ほど続きました。
3枚目⇒照射後約半年、どこにあったかわからないくらいきれいに取れています。

シミ取りは2週間のカサブタが剥がれたら終わりではありません。そこからまた赤みが出たり色素沈着が出たりとヤマを越えないといけません。紫外線対策、こすらないこと、ハイドロキノンを塗ることなどなど注意して出来るだけ色素沈着のリスクを減らしていきます。

おまけ

きのうスタッフがブログで紹介してくれたまつ毛の育毛剤、私も1年以上使ってます。マスカラしても本当に短かった私の貧まつ毛ですが、だいぶ伸びて息子に、
まつ毛伸びてるよ、切ったら?” て言われました、笑。

いやいや、髪の毛やないし!切るわけないやん( ̄▽ ̄)目力のために、伸ばしてるんだよ~って答えておきました(笑)
ふぅ~んて、まあ、小学生男子にはわからない世界でしょーね(^^;

きのうの夜ごはん
カレーは各家庭の味がそれぞれですよね。
我が家の定番はデミグラスとゴールデンカレーを半々に入れます(^^♪
隠し味にケチャップやソース、インスタントコーヒーやチョコなど入れるとコクが出て美味しいです~(*^-^*)

明日はうれしい日曜日🎶みなさま良い週末を(^^)/

いちみや皮フ科クリニックのホームページ